PPT 髪はケラチンタンパク質・・・2

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

前回はPPTって何?

髪はケラチンタンパク質などなど・・・

PPT 髪はケラチンタンパク質・・・

 

今回は ↑↑↑↑ の続きです。

 

 

おさらいですが

PPTは

髪と同じような

タンパク質を分解して作った

 

髪の主成分である

タンパク質の 類似成分!

 

 

ケラチンタンパク質の場合は

羊の毛や鳥の羽から取り出して

溶かして分解したタンパク質を使っています。

 

 

そして

傷んだ髪は

こんな風 ↓

 

o0583039411992312264

 

タンパク質が流出してて

ダメージ毛は穴ぼこだらけ・・・

 

だからこんな穴ぼこに

髪と同じような類似タンパク質である

PPTを入れれば

ヘアダメージに効果がありそう!

 

髪の成分と

同じようなタンパク質だし・・・

 

なので

タンパク質によく似た性質を持つPPTが

髪の補修に効果的って言われてたりしております!

 

 

美容室に行って

よく髪に栄養入れときますね〜 ♪

なんて言われたことないですか?

 

PPT(トリートメント)の宣伝文句で

ヘアダメージの補修成分

髪の美容液、高濃度栄養成分

生体親和性が良く安全性も高いため

安心して使用できる成分

髪にしっかりと吸着し、保湿・補修

などなどありますが

 

やっぱり美容室でのトリートメト

PPTは

すごく髪に良い成分なのか?

 

 

実は髪のタンパク質と

よく似た類似成分を入れたからって

ダメージが修復される理屈は無いのです・・・

 

髪と同じ
ケラチンタンパク質ってのも
物理的に言えば単なる死骸であり

そんな成分が

浸透や架橋や絡みついたからって
ダメージを再生できる理屈も無いのです。。。。

 

死骸のPPTを入れたからって

髪が良くなる理屈もないし

逆に

そんなものを沢山入れすぎると

髪が弱ります・・・

 

 

今までこのブログでも

昨日、今日のブログでもツラツラと分かりにくいことを書いていますが

シンプルに言えば

髪は今まで治らなかったんです!

 

美容室でする凄いトリートメントであろうが

集中ケア専門の何万円とするPPTでもなんです。。。

 

それは何故か?

トリートメントに含まれるPPT(加水分解ケラチン)というのは

羊の毛だとか鳥の羽毛だとかを

PH11〜13などの

超強力なアルカリ溶剤でドロドロに溶かして

ケラチンたんぱく質を抽出していて

そのもの自体が全く形を成していないからなんです!

 

そんなモノを髪に入れても

髪の中に残っている成分とくっ付いたりできないのです!

 

 

でもこれは

 

当然ながらここが改善されているですね〜♪

 

溶かさないで特殊な方法(特許)で

取り出す事に成功しており

そして一番大事な

髪と結合することが出来たのです。(特許)

 

これは世界初の髪が治るという事なんです ♪

 

次回に続くかな?

明日木曜日は定休日ですので

また金曜日お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です