ヘナ染めをされる前に使用を止めることは・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

暖かくなるって言っていたのに寒いんですけど〜

 

さて今日はヘナ染めをご自分でされている方にお伝えしたいことがあります!

 

ピカレスクでヘナ染めをされている、購入されているお客さまには

お伝えしていますが、

そうでないお客さまで、ヘナをされている場合のスタイリング剤の種類に

注意して欲しいことがあります。

 

ヘナ染めをされている方は、スタイリング剤も素材に気を使っておられる方は多いのですが

その際の使用率NO.1がオイル!

 

そのオイルなのですが

アルガン, 椿, 天然, などなど・・・

 

 

ヘアオイル=スタイリング剤は、髪にツヤを与えたり、

カールを保持したりするモノでしかありません♪

 

皆さまは毎日のようにシャンプーしますよね?

 

何故?

外出してて スタイリング剤を付けたから 匂いが気になって

などなどの理由でされていると思うのですが!?

 

アルガン 椿 天然 など、特に薄めていない濃厚なオイルだど

シャンプーしても取り切れません・・・

 

 

 

取り切れていないスタイリング剤(オイルやコーティング剤)が残ったままヘナをすると・・・

 

天然100%ヘナ染め(ハナヘナ)は
自然の植物の色素なので

髪にコーティングがされていたり、オイルなどのスタイリング剤が残っていると
ヘナの自然色素が髪に浸透しにくくなるんです。
*染まりや持ちが悪くなります。

 

そして何より一番大事なのが、それらを取り去ってくれるシャンプー♪

まぁシャンプーにも色々あって

・産まれたの髪に♪
・コレ1本でツヤツヤサラサラ♪
・ダメージヘアの救世主♪
・ヘアカラー専用♪

まだまだ他にも死ぬほどありますが
シャンプーは汚れを落とすことが仕事なのに・・・

まぁほとんどのシャンプーはツルサラになる
美容成分が(コーティング剤)が配合されているんですね。

 

このコーティング剤は髪にとって
悪いものではないのですが

ヘナ染めにとっては邪魔なもの

なので!

本来の目的である髪の汚れを落とす
事ができるシャンプー
を使う必要があります。

髪の本来の状態に戻すための
シャンプーがDO-Sシャンプー
なんです♪

 

そして髪に付けるオイルも
どんなに天然で素晴らしい素材、成分でも髪の栄養には全くなりませんので

シャバシャバの薄々のDO-Sオイルで十分なのです。

 

 

DO-Sオイルは薄々なのでDO-Sシャンプーで取り切れますので

お勧めです。

 

 

明日木曜日は定休日です。

金曜日のブログもどーぞよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。