マイクロバブルと炭酸泉に水素水などなど沢山の水がありますが・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

ハナヘナさんのブログに面白く分かりやすい事が書いてありましたので

コピペですがどーぞ

 

マイナスイオン、炭酸タブレット、水素水、マイクロバブル
なんだか良さそうなものは次から次へと出てきますが
単純に美容師がよくわからず物売りメーカーの獲物になってる
ような気がします・・・

 

炭酸泉とは?

炭酸とは、水と2酸化炭素を溶け込ませたもので
天然にも炭酸泉はありますが
温泉法では25度以上250ppm以上を炭酸泉と言います。
1000ppm以上を療養泉と言いますが
温度の括りは25度以上です。

炭酸は温度と圧力によってその濃度が変わります。
温度が上がれば上がるほど二酸化炭素は溶けにくくなり
40℃のお湯では最大で1040ppm以上は溶け込みません。

 

ピカレスクでも使用しています。

意外と知られていない炭酸泉設置・・・

 

 

よく炭酸水などをコップに注ぐとアワアワのシュワシュワが
出てきますが、アレが炭酸と思っている人がほとんど・・・

コーラなんかでも蓋をあける前はコーラに気泡はありませんが
フタを開けると気泡(アワアワ)が出てきます。

この理由というのは、僕たちが生活してる空間は1気圧という世界
開封前のコーラの中身は圧力(高圧)というものがかかっていて1気圧では
ないんですね。

そう。
コーラという水分に圧力をかけて2酸化炭素を溶け込ませているわけです。
そして蓋を開けた瞬間にコーラの中身も気圧が1気圧になり
圧力が開放されるのでコーラ(水分)に溶け込めなかった
2酸化炭素が気泡(アワアワ)となって出ていくわけなんです。

ですのであの泡はただの2酸化炭素です笑

 

 

マイクロバブルとは?

 

マイクロバブルはお湯に空気を含ませたものですのでただのお湯です。

終わり・・・

おそらく炭酸のあの泡が炭酸と思っている人がほとんどだと
思うのでこういった質問というか発想になるのかな?
と思いますが、マイクロバブルの泡と炭酸の泡は全く別物
ですので炭酸の効果効能とお湯の効果効能を比べる・・・

ようなものなのでマイクロバブルという名前のついたお湯・・・
以外の何物でもないわけです・・・

お湯に混ざった空気なので(厳密には混ざってないから泡になってる)
空気が肌や髪に与える影響・・・
お風呂やプールで肌や髪が濡れて空気が当たる・・・
と同じです・・・

炭酸のPHは4.5程度
マイクロバブルはお湯と同じなのでPH7

花王さんのHPにもありますが↓↓↓↓

この他に炭酸は、ボーア効果というのがあり
これは血中の二酸化炭素濃度が高くなると、
血中のヘモグロビンが酸素をより多く放出して
細胞に供給し代謝が高まります。
そのため、炭酸泉は古くから心臓の湯として
心臓に負担をかけることなく血流を促進させると言われ
ドイツなどでは医療に使われてきた実績があります。
日本でも療養泉として、温泉のうち特に治療用を目的
として環境省の「鉱泉分析指針方」でも定義されています。
マイクロバブルにはこう言った実証も定義もありません。

いろいろとあの手この手でメーカーさんがあたかも効果が
あるような説明をしてくると思いますが、化学や物理の
世界では原理原則というものがあるので、なんだか美容師が
バカにされてるようにしか思えないので悲しい業界です。

というわけで

炭酸泉は水に2酸化炭素を混ぜたもので効果効能も
エビデンスもある。

マイクロバブルはお湯に空気を撹拌したもので
ただのお湯。
エビデンスもない。

そもそも僕らが毎日吸ってる空気はよく酸素と言われますが

空気の成分は

窒素:78%
酸素:21%
アルゴン・2酸化炭素:1%

ですからね笑
その他、極々微量ですが、ネオン、ヘリウム、メタン
クリプトン、2酸化硫黄、水素などなどの化学物質も空気には
混ざっています。

 

明日木曜日は定休日です。

金曜日のブログもよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です