ヘナ染めの基本的な3パターン・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

ヘナ染めの基本的な染め方は大まかに3パターンあります。

 

先ずは

ヘナナチュラル(オレンジ)で染める方法。

こちらは白髪部分がヘナ色素のオレンジ色に染まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に2度染め。

ヘナナチュラル(オレンジ)で染めた後インディゴ(ブルー)で染めていきます。

染め上がりはグリーンですが、補色の原理で約2日後はブラウンに発色します。

補色とは!

カラーには”補色“というものがあって反対の色同士をぶつけることで色味を薄める効果があります!

  •  ⇔ 
  •  ⇔ オレンジ
  • 黄色 ⇔ むらさき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後は。

2度染めがめんどくさい!

それならばヘナナチュラル(オレンジ)インディゴ(ブルー)を混ぜて

1度で染めてしまえ♪って方法があります!

こちらはしっかり染まりにくい為、インディゴの発色が上手くいかず

赤紫や青紫に仕上がる場合が多くあります。。。

完璧にブラウンに発色しても持ちが3週間程度です。

 

 

インディゴ・・・

 

 

白髪量や白髪の入り方、ライフスタイルなどなどで

大体この3パターンからチョイスしていただいております。

 

 

明日はヘナナチュラル(オレンジ)のお客さまが登場いたしますので

ご覧になって下さい。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です