梅雨時期に効果的なハーブ・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

今年は早い梅雨入りで、しとしと雨ではないですが

暑くて湿度が高い気候になり

せっかく髪をスタイリングしたのに湿気でまた広がってしまいます。。。

そして広がりを抑えるために、ヘアケア剤を付けすぎてもベトベトになったり重くなったり・・・
一体どうすればいいのでしょうか?

 

1湿気で広がる髪を抑えるには、髪自体にハリ・コシを与えて上げることで
湿気に強くいろんなヘアケア剤を付けなくても広がりにくい髪を作ることが出来ます。

実は湿気で広がる髪にハリ・コシを与えるには『ヘナ染め』が最適!

えっ?でもヘナ染めは髪の毛がオレンジ色に染まるのでは?

 

ヘナ染めは確かにオレンジに染まりますが、

ヘナに似たハーブの一種『アワル』という
植物で髪にハリ・コシを与えることができます。

 

 

ヘナのようにオレンジ色はつかなくて、傷んだ髪をキュッと引き締めてくれる
ので、髪自体を強化させてくれます。

アワルをした後は、髪が引き締まっているので
トリートメントやスタイリング剤は、いつもの使う量の半分以下で済むので、ヘアケア剤を付けすぎてもベトベトになったり重くなったりする事もありません。

 

ただ細い髪やダメージが酷い髪に使用すると、かなり効果がありますが

少しジャジャ馬なハーブですので、

ミックスハーブというハーブをブレンドするとより効果的です。

 

 

ミックスハーブ アーユルベーダ正式配合でブレンドされた6種類のハーブを使った商品です。
基本的には、色はつかずアワルやへナに混ぜたり、単品ではシャンプー代わりとして 使ったりもします。

配合されてるハーブは

AMLA(アムラ)
果実が育毛効果、頭皮の感染症に使われるオイルは頭皮のマッサージオイルとして使う

SHIKAKAI(シカカイ)
さやと葉が使われ育毛効果とフケを取る、鎮痛剤として使われる

BRAHMI(ブラーミ)
育毛促進 あらゆるヘアケアに

CHANDAN(サンダルパウダー)

オイルは殺菌効果、皮膚病に効果、鎮静作用 ペーストにして肌や頭皮の調子を整える 炎症、目の痛み、できもの、ニキビに効く

ARNI(アルニ)
豊かな髪を作る

GULARPASHP(バラの花)
ローズウォーターが有名 炎症鎮静効果 オイルには殺菌効果

 

これらハナヘナのハーブは、使用方法をしっかりとレクチャーさせて頂きますので

気になる方はご相談くださいね。

 

明日も通常通りの営業しております♪

ブログもよろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です