ヘナ染めをすると髪にツヤが出るのですか?

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

先日書いたヘナのブログ

 

ヘナが増えてきてます・・・

 

 

ヘナが増えてきてます・・・2

 

 

ヘナが増えてきてます・・・3

 

 

ヘナが増えてきてます・・・4

 

このブログを見ていただき、

『ヘナ染めをすると髪にツヤが出るのですか?』

との質問をいただきました。

 

髪の艶の秘密

 

髪に艶を出すには、オイルを付けるか光を当てて反射させるかの
どちらかですが、光を当ててもツヤが出ない髪もあります。

その殆どがヘアダメージしてる髪・・・

キューティクルという髪を覆う表面が傷んでしまっていると凸凹になり
うまく光を反射してくれません。

傷んだ髪のキューティクルを引き締めることでうまく光を反射してくれるので
髪を『引き締める』ことが大切です。

 

では何故?

ヘナ染めで艶が出るのか?

 

髪も肌も『弱酸性』が適切で安定した数値です。

髪も肌もダメージしてくるとこの数値が『アルカリ』に傾いてしまい
引き締まった状態ではなくなってしまいます。

ヘナ染めはこの数値が弱酸性であるため髪も肌も引き締めてくれます。

ケミカルのヘアカラー(髪を明るく出来るカラーは全てケミカル)などはアルカリ性ですので、

髪や肌に付着するだけで傷んでしまうので
ツヤも出にくくなるというわけです。

ヘナ染めは天然だから自然のものだから、肌に優しいというわけではなく
物理的に肌を傷めにくい数値を持っているのが天然ヘナ♪

なので天然ヘナで染めると
艶が出たり、ハリ・コシが出る理由です。

 

 

 

天然ヘナに興味のある方はご相談くださいね。

 

明日の営業は14時で終わります。

ブログ更新は水曜日!また見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です