ドライヤーの善悪し・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

今日は短いですが

良いドライヤーの見分け方で、一番のポイントは温風!

 

僕が仕事で使っているドライヤーは “ソリス ”

 

 

 

ここのメーカーのドライヤーは

吹き出し口から2.5cmの温風がちゃんと記載されております。

 

 

20年前のソリス定番のドライヤーは、この温風が高く

 

 

 

吹き出し口から2.5cmの温風が108℃で風量は普通(笑)

なので早く乾きますが、一般の方が髪をダメージさせないで乾かすのがちょっと難しいです。

 

 

 

で最近の流行りのドライヤーは、この温風が低くて風量が高い!

これがポイントなんですね〜

バイオプログラミング技術だろうが

マイナスイオンなんかは全く意味などありません。

 

今僕が使用しているこのドライヤーなどは

 

 

吹き出し口から2.5cmの温風が77℃で風量が凄い!

但し僕などは、自分の手に温風を当てながら(直接髪に当てない)乾かしているので

時間がかかりますが

一般の方は、このドライヤーはダメージを最低限に抑えてくれて

シットリと乾かす事が簡単にできます。

 

高価なドライヤーは沢山ありますが

バイオプログラミング技術、マイナスイオンなどで選ばずに

メーカーサイトで温風などを確認してお選び下さいね。

 

 

ではまた明日お願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です