久しぶりに毛先までカラー 2

嫌われてもいい!!ブログ

 

 

こちらのお客様は3週間に1度のペースで顔まわりのみ

ご自分で染めておられ

毛先までの白髪も気になってしまい

毎回毛先まで薬剤塗布・・・

 

毛先も明るく色抜けして

 

サイド、トップ部分とフロントの色の差が激しいのが分かると思うのですが

 

何故そうなるのか?

 

実は白髪量が関係してくるのです!!

 

 

白髪量?

 

 

ちょっと分かりにくいですが、一番下の毛束を見ると

5%〜50%まで書いてあります。

 

白髪量とは髪にどれだけの白髪があるか?を表すものなのです。

 

そしてヘアカラー剤は各メーカー基準を作っており

ピカレスクで使用しているカラー剤に限定して言いますと、白髪量約10%に合わせて作られております。

 

例えば白髪量20%の方に染めると明るく染まり、逆に10%以下の方に染めると暗く染まるという理屈なのです。

 

細かい事は省きますが

写真のように顔まわりに白髪が多くその他が少ない場合などは

同じカラー剤で染めると明るく染まる所と、暗く仕上がってしまう所と、希望した明るさに染まる所が混在してムラになってしまいます。

 

その他にも顔まわりは他の部分に比べ、髪が細く

キューティクルも薄いので、ヘアカラー剤がすぐ反応してしまったり

しっかり染めようと思いがちになり、時間をおきすぎたり

たっぷり塗布したりして、毛先の色抜けの原因になってしまうのです。

 

ダメージも進むし、逆に色抜けも早くなるし

パーマの持ちや色んな事に影響しますので、どうしてもご自分でカラーしないといけない場合などは、僕に相談してください。

 

ではまた明日。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です