まだまだ続きます。

嫌われてもいい!!ブログ

ノープー(笑) 湯シャン ノープー続き 湯シャン続き

↑↑↑ この辺りの続き

 

今日も脱洗剤ですが見たくない方はスルーして下さい。

と言ってもあまり真剣に見ている方は少ないようですが・・・😿

 

脱洗剤 タモリ式入浴法 湯シャン

脱洗剤というのは
身体に 洗剤を使わないという事

界面活性剤を使用しない生活習慣。

お風呂に入っても
石けんも ボディーソープも使わない!!
世間では タモリ式入浴法 などと言われ

タモリさんをはじめ
福山雅治さん,梨花さん,黒木瞳さん,
藤原美智子さん,石田ゆり子さん
などなど・・・

この方たちは
身体を石鹸やボディーソープで
洗ってないと言われているそうです。

僕が脱洗剤をと言っても

福山雅治が!!梨花がって言った方が・・・

 

(記事をお借りしてます)

タモリ式入浴法とは?

湯船に10分以上つかるだけで、石けんなどでは体を洗わないという入浴法のこと。

「笑っていいとも」の司会でおなじみのタモリさんが実践している事で「タモリ式入浴法」として話題になりました。

福山雅治さんが「テレホンショッキング」に出演したときに、自身も実践していると発言をしたことで、さらに注目されることになりました。

東京新聞の記事にもとりあげられ、その有効性については医師のお墨付き。
(以下は東京新聞の記事掲載文からの抜粋です)

東京医科歯科大学、藤田紘一郎名誉教授のコメント

「私は20年も前から、そう主張している。全くもって、その通り」

「皮膚の表面には、10種類程度の常在菌(常在菌とは?)がいて、酸性の膜を作っている。

いわば、それは皮膚を守るバリアーなのだが、石けんで洗うことで常在菌の9割が取れてしまう。

若い人でも、常在菌が元に戻るまで12時間かかる。

ゴシゴシ洗うことは皮膚にとってはとても危険だ。」

 

愛知県安城市、いそべクリニックの磯邉善成院長のコメント

「もともと、日本人には全身をゴシゴシと洗う習慣はなかった。

それが、高度経済成長を経て、過剰に洗うようになった。

アトピー性皮膚炎が急増した時期と一致する」

「皮膚の常在菌は、長い時間をかけて育てられた、皮膚を守るための共生システム。

「それを壊していいはずがない」

世間の「清潔、抗菌志向」とは真逆の入浴法にもかかわらず、専門家からは手放しで大絶賛されています。

今まで「お肌にいい」という石鹸やボディソープをあれこれ試していたのが無駄なことのように思えて、ちょっと面白くない気分。

巷にあふれる様々な商品は、決して消費者の事を一番に考えて作られている訳ではないという事ですね。

そして 皮膚常在菌のことも 知っておいてほしい・・・

人間の体の中にはたくさんの常在菌が住んでいます。

胃の中にはピロリ菌がいたり、腸の中にはビフィズス菌や大腸菌がいたり、皮膚や口の中にも様々な菌がいます。

その数、合計約100兆個!

私たちは、生まれてから死ぬまで、これらの菌と一緒に生活を送っているのです。

その中で、肌についている常在菌を

「皮膚常在菌」 と呼びます。

皮膚に棲む皮膚常在菌は、私たちの皮脂や汗をエサに暮らしています。

種類や量は人それぞれに異なります が、約1兆個、10種類程度がいると言われています。

この中で善玉菌と呼ばれる菌には表皮ブドウ球菌があります。

肌がしっとりツヤツヤしているのは、その皮膚常在菌の一つである「表皮ブドウ球菌」という常在菌が元気に暮らしているからなのです。

この菌は皮脂や汗の成分を取り入れ、産生物質を出します。

その物質が皮膚上に残り、汗や皮脂と混ざることで、しっとりツヤツヤの皮膚がキープされるのです。

同じブドウ球菌という名前をもつ黄色(おうしょく)ブドウ球菌は悪玉菌の一種です。

同じブドウ球菌と いう名前を持ち菌の形は似ていますが、黄色ブドウ球菌は病原性を持ち、子どもに多い皮膚病・とびひの原因 菌です。

また、傷口に付着すると化膿したり、アトピー性皮膚炎との関与も報告されています。

しかし、皮膚に いるだけでは特に問題はなく、傷口についたり皮膚の菌バランスが崩れると悪玉としての本領を発揮します。

悪玉といえば、ニキビの原因となる毛穴の奥に棲むアクネ菌があげられますが、実はニキビのできていないと ころにも存在する常在菌の一つです。

しかし、ストレスなど何らかの原因で皮脂が多く出過ぎて毛穴をふさぐと、 ふさがった毛穴の中でアクネ菌が異常に増え、ニキビとなり炎症を起こしてしまいます。

アクネ菌は増えすぎることで悪さをしてしまう、いわば日和見的なポジションの菌です。

フケの原因と言われるマラセチア菌や水虫の 原因菌である白癬菌などのカビも皮膚常在菌の一種。

増殖すると皮膚病に発展しますが、皮膚に少々いる程 度では問題は起こしません。

おなかの中と同様、皮膚常在菌のバランスがとれていれば、多少のカビや病原 菌が付着しても肌トラブルには至らないのです。

 

どうでしょう?

多分読んでないと思いますが・・・

読んでなくても明日に続きます(笑)

 

 

こんな記事ばっかり続いていますが、先日レラさんからお礼の手紙を頂きました。

IMG_0440

このシャンプーのメーカーさんですが

ブログで紹介しただけなのですが!!

コツコツブログを頑張ってやっていると嬉しい事もあるものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です