石鹸シャンプー 其の2

嫌われてもいい!!ブログ

そこまでして石鹸シャンプーを使う・・・

それもず〜〜〜〜っと続ける・・・・

 

みんな泡立てないと汚れが落ちてないとか、洗った気になれないとかそんなのでしょうかね?

う〜ん・・・

そんなのだとケミカルシャンプーと何も変わらない気が!!

少し宗教っぽくなりますが(笑)人間の皮膚には表皮常在菌てのがいまして、その常在菌がいてくれるから、皮膚から侵入する菌なんかを未然に防いでくれるのです。

その常在菌を泡で洗い落とすわけだから、そこにケミカルだろうが、石鹸だろうが1ミリも何の関係もありませんん。

それに使い続けないといけないということは、全然、肌が改善してないわけだから(正常になってない)

ケミカルではなく、石鹸(天然のもの?)を使ってるという、単なる安心感だけ(笑)

汚れというものを洗剤で落とす場合、そのほとんどが油。
毎日油まみれの皆さんいます???石鹸であろうが、ケミカルシャンプーであろうが

油を落とすものには変わりなく、皮脂を落としてしまうから、乾燥し痒みが出たりするのは

当然のこと!!

毎日毎日落とすから体は必死に皮脂を作り、早く肌を皮脂で防御しなきゃと過剰に分泌。

これが不快感を招いてるだけで天然石鹸を使おうが、ケミカル洗剤を使おうが

皮脂を落としまくるという行為は同じこと。

だから石鹸であろうがなんであろうが、結局は同じなんです。

石鹸信者は、手作りの趣味を続けたい。天然だから安心安全だと思い込んでる。

環境に配慮してると思い込んでる・・・

フラシーボ効果というものを皆様ご存知ですよね?

石鹸で現在 快適になっているかもしれませんがそれらは、石鹸だからではなくそう思い込んでる意識で起こってる現象。

ホントに皮膚トラブルがある人にとっては、迷走してしまう理論になりますから!!

あくまで趣味の範囲でとどめておいて欲しい。

皮脂は落とさないほうがいいのだから・・・・

独りよがりの独り言ですから反論は受け付けません(笑)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です