ヘナの溶き方  インディゴは?特性なども詳しく解説〜・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

先日はヘナ ナチュラル(オレンジ)の溶き方を説明しましたが、

ヘナの溶き方と放置時間は?

 

今日はインディゴ編です。

 

 

ピカレスクで取り扱いのハナヘナさん♪

インディゴの商品は以下の3点になります。

 

☆ インディゴ (天然100%インディゴです。)

 

☆ ハーバルマホガニー(へナナチュラル20%とインディゴ80%があらかじめ混ざってる商品です)

染め上がりは濃いめブラウンです。

 

☆ ハーバルブラウン ( へナナチュラル40%とインディゴ60%があらかじめ混ぜてある商品です。)

染め上がりは、薄いブラウンになります。

 

      

 

 

インディゴもしくはインディゴ入り商品の溶き方も

ヘナ ナチュラルと同じ、水もしくはぬるま湯で溶いて下さい。

 

インディゴは溶いてから時間を置かず、

”すぐに塗布”  とお伝えしてたと思いますが、

 

厳密に言いますと、10分程度は時間を置きしっかりと水分に染み出させる時間が必要なのですが

ご自分でされる場合には塗布から塗布終了後までに時間がかかると思いますので、

溶いた後すぐに塗布してください。

ただ顔周りのみや 分け目などの部分的の塗布の場合は

溶いてから10〜15分置く事をオススメします。

 

 

インディゴは長い時間酸化させると(空気に触れると)色素の働きが止まり着色しません。

 

それともう一つ、髪はしっかりと濡らして塗布してください。(髪は濡れるとキューティクルが開き色素が入りやすい状態)

塗布後、髪に付いたヘナが乾くと浸透がストップしますので乾かないようにご注意ください。

 

 

ヘナは天然染料です!!

染まりに個人差があり、髪に膜を張る成分が入っているシャンプーやトリートメント、スタイリング剤などなどで色素の浸透を阻害してヘナは染まりにくくなります。

 

自分でされる場合には僕に遠慮なくご相談ください。

 

明日は定休日♪ 金曜日もブログお休みしますので

土曜日見ていただけたら嬉しいで〜す。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。