ヘナ染めのご質問で多いのが 『ヘナ染めするとどんな色になりますか?』・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

ヘナ染めは時間もかかるし、白髪が多い方は2度染めをするのでお金もかかってしまいます・・・。

でもそれ以上に得るものが多いのでお勧めではありますが。

 

ヘナに関しては、ネットで検索するといろんな情報が沢山出てきますが

一番多い謳い文句が “当社のヘナはオーガニックで云々カンヌン・・・”

僕からしたらそんな情報いる?って思いますが

なぜなら

インドのヘナ農場では

・そもそもこの広大な畑にどうやって農薬撒くんだ?
・農薬なんて使わなくても勝手に芽を出すぜ?

です(笑)

そんな情報より

ヘナ染めをすると、どんな色味に染まりますか?

が知りたいのでは・・・

 

ヘナ染めのご質問で多いのが

『ヘナ染めするとどんな色になりますか?』

ハナヘナさんがわかり易い解説をしておりますのでほぼコピペですがどーぞ♪

 

天然ヘナ、植物由来、自然派ヘアカラーといろいろありますが
天然の色素だけで髪を染められるのは【天然100%ヘナだけ】です。

98%植物でも漢方カラーでも香草カラーでも全て化学色素!
ほとんどのヘアカラーには脱色剤(いわゆるブリーチ剤)が配合されて
いますので地毛を明るくしながら希望の色に染めることができます。

 

天然由来や自然由来というフレーズに(上手い謳い文句)多くの美容師も惑わされ
天然由来が98%も配合してあれば、髪や肌に優しいヘアカラーと
思って疑わない・・・
残念ですが美容業界ってこんなもんですm(_ _)m

なので天然ヘナ、肌や髪に優しいというものでも地毛を明るく好みの
ヘアカラーにできると思っている人がほとんど・・・(残念)

 

しかし天然100%ヘナ染めでは地毛を明るくする成分は入っていません。
しかし、、、天然100%ヘナ染めと謳われていても実は化学色素が入っている
ヘナもあったりします。
ですがそんな化学色素が入ったヘナでも地毛を明るく染めることはできません。

 

本物の天然100%ヘナ染めは、ヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)の
2種類があります。
黒髪を(地毛)明るくすることはできませんが、地毛の太さや細さ、元々持ってる
メラニン量でも変わってきますが、地毛が細い方、メラニン量が少ない方などは
ヘナ染め(オレンジ)をすると黒髪(地毛)が若干明るく見えることがあります。

分かりやすかったですか?

 

では写真でどーぞ

 

 

 

上の写真のように黒髪(地毛)の種類や白髪量によってはヘナ染めすると
オレンジ色素が髪に入り明るく見えることもあります。

よくヘナ染めで自然なブラウンにできますか?
というような質問がありますが、まず天然色素で髪の毛をブラウンにするには
ヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)を使う必要があります。

これは単純にヘナ(オレンジ)とインディゴ(ブルー)を混ぜた時に
補色としてできるブラウンを使うことで髪をブラウンに染めることができます・・・
が!地毛を明るくすることができない天然ヘナ染めでは黒髪ばかりだとブラウンには
見えません。

ですので黒髪を明るくすることも黒髪を自然なブラウンにすることもできないのです。
ヘナ染めで自然なブラウンにするにはある程度白髪がなければできないのです。

そう。白髪の分量が多いほど自然なブラウンにできますし
しっかりと濃いブラウンにもできます。
天然100%ヘナ染めは白髪がある方がより自然に綺麗に染めることができます。

 

*白髪量が多く、ヘナナチュラルで染めた後(オレンジ)
インディゴ(ブルー)にヘナナチュラル(オレンジ)混ぜて薄く染めると明るめのブラウンになります。

 

ですのでヘナ染めするとどんな色になるか?
は、黒髪の人で(白髪が少ない方)は明るくも暗くもならずトリートメント効果だけとなります。

黒髪の人にヘナ染めすると髪質によっては、若干明るくなるか、
インディゴで黒々したブルーブラックになるか?
その程度です。

しかし、白髪が多少ある方にとっては自然なヘアカラーとして
トリートメントとしてやる価値は大いにあります。
トリートメント効果も市販、美容室でのトリートメントより持続性も
ありますし効果も高いです。

あとピカレスクでは、ヘアカラーの繰り返しで明るくなった髪を
トーンダウンとしてヘナを使う事もあります。

 

この状態でリタッチカラー(根元だけ染める)をして

その後、髪全体にインディゴ(ブルー)をメインに塗布すると

 

 

トリートメント効果もあり、トーンダウン出来て最高なツールになります♪

 

ヘナ染めに関してのご質問に、しっかり髪質を見極めてお答えいたしますので
ご遠慮なくどーぞ♪

 

明日は朝からワクチン接種に・・・ブログお休みします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です