全部白髪になっても・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

白髪で悩んでいる方は、大勢おられますが

皆さまが口を揃えていう言葉が

「あ〜全部白髪になったら染めないでおこうかと・・・」

 

もう20年近く前になるかな?

あるお客さまのお母様の髪が、ほぼ白髪でして

何故か髪が黄ばむといった相談を受けました。

 

では何故白髪が黄ばむのか?

 

これを説明していきます・・・

 

実はですね

髪が生まれたてのときは、すべて白髪!

 

 

 

そして髪として成長してくる途中で、メラニン色素が入って
日本人なら黒髪とか、人種によっての髪色になります。

 

日本人の場合は、基本は黒色なんですが
実はこのメラニン色素にも、2種類あって

 

黒色色素の ユーメラニン と

黄色色素の フェオメラニン があります。

 

 

まぁざっくりですが、日本人の場合は

黒色のユーメラニンがほとんどを占めいて

黄色色素のフェオメラニンが、5%前後あると言われています。

 

はい!この少しだけある

黄色色素のフェオメラニンが、白髪の黄ばみの原因!

 

 

通常ですとユーメラニン、フェオメラニン
共に入らなければ、綺麗な真っ白の白髪になるのですが

 

黒色のユーメラニンだけが髪に入らずに 黄色のフェオメラニンだけが
髪に入ると、黄ばんだ白髪になってしまいます!

 

いつまで経っても白髪って厄介ですよね・・・

 

昨日のブログにも書きましたが黄ばんだ色味を消すなら、紫の色素が入ったシャンプー!

紫シャン?補色って何?・・・

 

この方法を使って黄ばみを消したりして対処します。

 

 

その他にも黄色のフェオメラニンの影響以外では・・・

 

アルカリと 紫外線で

髪のアミノ酸が影響を受け

黄ばんでしまうというのもあります。

 

 

これは、夏場なんかで汗をかいて(汗はアルカリ性)
紫外線にあたって、白髪が黄ばんだりとかです。

 

この対策としては

アルカリなどで黄ばんでいるので、お店でパーマなどのアルカリ除去に使用している

DO-Sアルカリオフなどで対策できますので

 

 

使い方はこちら

DO-S アルカリオフ

 

気になる方はご相談くださいね。

 

明日のブログもぜひご覧くださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です