ヘナ染めが億劫になったので、他にダメージが少ない白髪染めはありますか?

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

先日2年ぐらいヘナ染めをされているお客さまから

少しずつ白髪が多くなってきて、自分で染めるのが億劫になったので

他にダメージの少ない白髪染めってありますか?

との相談がありました。

 

ピカレスクで3〜4ヶ月ペースでヘナ2度染めをされて、その後1ヶ月ペースでご自分でヘナ染め
のパターンなのですが、

どうも塗りにくく、時間もかかるのでもっと手軽でダメージの少ない白髪染めはないのか!

 

ヘアカラーのダメージの大半は脱色なんですね!

これは元々の髪の持ってる
メラニン色素を破壊して明るくします!

ってことは?

自毛より少しでも明るくなれば
その分だけメラニン破壊してるって事なんですね〜

 

アルカリヘアカラーなら

自毛よりちょっとでも明るくなれば

メラニン破壊で必ず傷んでます!

 

ダメージがあまり無い白髪染めは

① ヘナ、インディゴなどの天然染料系

② ヘアマニキュア、塩基性、HC染料など
1浴式(2剤を使用しないタイプ)

 

1のヘナ、インディゴなどの天然染料系はいま現在されているので

 

2の2剤を使わないタイプの白髪染めは

 

 

 

そうトリートメントカラーやカラーバターと言われている白髪染め剤・・・

 

こういったトリートメントカラーの白髪染めの中には
○  光で染まる白髪染め

○  ノンジアミン ノンアルカリ

○  髪をダメージさせないで白髪染め!

○  染料、色素類を含まず成分中の硝酸銀に光が当たることによって
髪の表面だけを少しずつ染めていくので、髪にやさしく自然な染め上がりです。

・・・などの謳い文句で販売しているタイプが多くありますが

この 硝酸銀 ってのが曲者でして・・・

 

この硝酸銀は アルカリと反応すると 緑色になるが
染まり具合とかによっては 灰色っぽくなる場合があります。

 

どういうことかと言いますと

パーマやヘアカラーなどは、アルカリでして
このアルカリと反応して、ひどい緑色に変色してしまいます!

 

 

もし一度でも塗ってしまうと、染めたところを切るまで二度と普通のヘアカラー(白髪染め)ができなくなる場合がありますので注意が必要なんですね・・・

 

カラートリートメント、カラーバターとかは確かにダメージは少ないのですが、

明るく染まらない しっかり染まらない

持続性(色持ち)もよくない!

ただしヘナ染めに比べてかなり楽なんですが。。。

 

まぁ最後はお客さまが何を一番重要視されるかなんですが、

ヘナ染めにされた理由は今までアルカリヘアカラーをされていて

髪が細くなった感じがし、ぺったんこになるのが嫌で

ヘナ染めにチェンジされたので、カラートリートメント、カラーバターとかは

髪にコーティングしてしまい、それも白髪を染めるために根元中心なんで

ぺったんこになる恐れが・・・

 

そこでまずヘナ染めの塗りにくさを改善してみようってことで!(*百均で料理用のハケでヘナ染めをされている)

ピカレスクで使用しているヘナ染め専用のハケをご購入♪

 

 

これで少しは改善されるのでは?

次回お客さまからのレビューを待ってみたいと思います。

 

 

明日木曜日は定休日です。

金曜日のブログもよろしくお願いします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です