毛髪のダメージは治らないです・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

毛髪は 人間の身体なら 爪と同じような

ケラチンタンパク質で出来ています。

 

その ケラチンは 死滅細胞!

 

 

毛穴から 死んでる細胞の集まりが

押し出されるように 生えてきてるのが人間の髪・・・

 

タイトルに “髪のダメージは治らないです” と書きましたが

その理由は?

 

先ずは

髪の表面のキューティクルの傷み

シャンプーやブラッシング、ブローなどで
髪の表面のキューティクルが傷む事は多いです。

キューティクルはうろこのような形状で
何層にも重なり合っている髪の表面にある
保護層で硬いケラチンで出来ているので
実際は、傷つくというよりは
剥がれてしまうケースが多いです。。。

 

 

図などでは分かりにくいですが、
キューティクルは 4〜10層に重なってます。

髪が細い方は 4層ぐらい!
太くて硬い方は10層ぐらい重なってる
場合もあります。

 

このキューティクルはブラッシングや
シャンプー時のゴシゴシだけでなく
寝てる時の枕に擦れるだけでも髪同士の擦れや
ひっかかりなどで
日々外部からの攻撃を受けて損傷しています。

 

そこで

キューティクルは身体でいえば皮膚!?
外部からの影響(刺激)から内部を保護しています。

 

 

ではこのキューティクルの損傷を

身体(皮膚)と比較してみましょう。

 

皮膚の場合・・・

転んで擦り傷が出来たとします

 

痛い 痛い・・・(涙)

病院まで行くほどでもないぐらいの
擦り傷だとしてください。。。

 

水道水や消毒液でしっかり洗浄し(最近はあまり消毒はしない傾向)

最初はジュクジュクしてるけど
そのうちかさぶたが出来て

数週間もすれば新しい皮膚が出来て
擦り傷は治っていきますよね!?

 

そう 皮膚(肌)は 常に中から
新しい皮膚組織が出来ているので

擦り傷等で強制的に剥がれたりしても
新しい皮膚が出来てくるのです!

 

これには 皮膚(肌)の
ターンオーバーが関係しています。

 

まぁ擦り傷とか関係なく

人間の皮膚(肌)は ターンオーバーで

約28日のサイクルで新しくなっているんです。

 

なので・・・

少々の擦り傷程度で表皮が剥がれても

新しい皮膚組織が出来てきて治るんですね!

人間の身体はうまく作られていますね。

 

でも髪にはこの
ターンオーバーなんてないんです1・・・

 

 

キューティクルは硬いケラチンたんぱく質が
何層かに重なってるだけで

皮膚のように中から新しいモノが
ターンオーバーで出来てくる事はないのです。

 

そう!髪のキューティクルは

剥がれたら そ れ で 終了です!

 

髪の内部で新しいキューティクルが
作られることはありませんし

キューティクルは
爪のように硬いケラチンなので

皮膚(肌)などよりも丈夫ですが
傷ついても治らないし

剥がれたからって
新しいキューティクルは出来ません。

 

 

 

なので・・・

 

髪の表面のキューティクルが

なんらかの原因でダメージしても

再生も修復も出来ません♪

髪は出来るだけダメージさせないようにするのが

一番です♪

 

明日のブログもよろしくお願いいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です