もう一度加齢による髪質の変化・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

加齢による髪の悩み

 

髪の悩みに関するアンケートによると30代ぐらいまでは

『傷んでいる、パサつく、量が多い、広がる』

といった悩みが上位を占め

 

40歳頃からは、量が多い、広がるが減り

少し毛量が減少した・・・

白髪が増えた・・・

うねりが出てきた・・・

などの悩みも増えてくるようです。

 

そして50代半ば頃になると

白髪が増えたは、当然として・・・

 

頭頂部にボリュームが出なくなった・・・

髪がぺちゃんこになる、分け目が目立つ・・・

ボリュームが出ない・・・

などの悩みが多くなってきます。

 

 

ピカレスクのお客さまの

一番多い年代は30代〜50代。

まさしく上記に書いたような悩みを抱えております。

 

 

加齢によって

髪のハリコシは失われていく!

これは、現在の研究では

認められているようです。。。。

 

 

美容業界最大手の研究結果などで

 

加齢によって、毛髪内タンパク質が

疎水化してタンパク質同士が凝集する

※わかりやすくいうと・・・
ダメージホールが増える

 

 

あと

 

加齢によって 頭皮や髪の

タンパク質がカルボニル化する

 

※カルボニル化とは? 酸化ストレスによって
生じるタンパク質の変化の一種

 

などの研究結果が公表されています。

 

タンパク質がカルボニル化する!!!!!!!

意味が分からなくて難しいですね・・・

 

カルボニルするを簡単に説明すると
40代から頭頂部の髪質が変わってしまうんですね!

 

 

この数値を見ると・・・

 

 

青色が襟足付近の髪で
茶色が頭頂部の髪です・・・

そしてよく、加齢とともに
頭頂部のボリュームが無くなった
という人が多いっていう証明にもなりますが

加齢による影響が高いのは
頭頂部の髪なんですね!

 

 

そこでこの研究結果の数値をみると

20代と30代では、ほぼ変わらない!

 

そして40代になって8〜9%程度

なんと50代では20%程度、頭頂部のハリコシが失われる・・・

 

加齢によって
特に頭頂部付近の髪が

柔らかくハリコシがなくなったり
細くなったりするのは
現在の研究でも認められました。。。。

 

さぁどうする・・・

 

明日木曜日は定休日ですので
金曜日のブログもご覧になって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です