シャンプーは・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

まだシャンプーの購入理由に

天然、無添加、

植物性、オーガニックとか

なんとか植物エキス配合

で選んでいませんか?

 

 

合成界面活性剤が悪いとか

頭皮に残って地肌から浸透して身体に悪影響を及ぼすとか

言っておられる方もいますが

 

シャンプーは(界面活性剤) 汚れ(油)とお湯(水)を混ぜて
すすぐときに、一緒に流してるという理屈で
その理屈には、合成も 天然も 関係ないのです。

 

 

ある意味、手触りの良い優しい天然系?シャンプーのほうが
すすぎが甘くなりやすく、界面活性剤残留の危険があったり・・・

 

リンスインシャンプーや、粗悪なシリコン入りシャンプーなど
手触りを良くするために、油分と水分の配合量を変えてあったりするようなシャンプーの多くは
合成界面活性剤を使用してるケースが多いので

そういうイメージを持ってる方が多いのかな?

 

 

 

すすぎで流れにくいようなシャンプーや(界面活性剤)
毛穴に残留してるようなシャンプーは

 

界面活性剤が頭皮に残っているのではなく、油分や感触向上成分など
その他の成分が残ってる場合が多いんです。

 

 

これは、ピカレスクで扱っているシャンプーに限ったことではないのですが

 

 

 

 

 

シャンプーとして、しっかり作っていれば

合成も 天然も 界面活性剤自体が

頭皮にくっついて取れないなんて

絶対にありえない話ですから♪

 

頭皮から侵入して、身体に入ることもないし

子宮にたまることも、ありえない話です。

 

 

 

明日もよろしくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です