水素トリートメントのホント・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

最近、お客さまから多い質問が

「水素トリートメント」「水素シャンプー」は本当に髪に良いのか?です。

 

どうも髪の中の悪玉活性酸素を除去するらしい・・・・(苦笑)

 

 

数年前は、水素水などを大手メーカーも沢山販売していましたが

そもそも水素は、水に溶けない気体なのに

それをわざわざ缶入りボトルに入れて売る理由が意味不明です。。。。

 

 

ピカレスクが6、7年前に炭酸泉が出る装置を取り扱い始めた頃に

しっかり勉強しましたが

二酸化炭素(炭酸水を作るのに必要な気体)や水素を水に溶け込ますのが一番難しいのに

今でも炭酸シャンプーや炭酸トリートメントなどが

美容室で売られていたり

 

その商品を使いヘッドスパなどで使用していたりしているのに

驚いております!!!!!!

 

 

そして更なる水素ですが・・・

早稲田大学名誉教授の大槻義彦氏が、自身の前のブログにて
水素水の真実について科学的な見地から意見を書いております。

 

 

 

『水素水』の効能のことですが、『理屈』はもっともらしいのですが、いくらしらべても科学的、医学的に真っ当な結論、結果が出ていませんし、それどころか科学界、医学界ではまともに研究しようとすらしていません。
このことに鑑み、『水素水は体に良い』『水素水は活性酸素をとりのぞくのでがんの予防になる』『アンチエイジングの効果がある』などいう主張は根拠がないですね。それだけではなく、ごく初歩的に考えても一旦水に溶け込んだ水素はアッという間に水から逃げ出します。ペットボトルに入れた水素水があったとしてもその水はボトルのふたを開けたとたんに逃げてしまいます。その意味で『水に溶けた水素を摂取することなどほとんど不可能です。

さてどうにか胃腸の中にその水素を何とか取り入れたと しても、上と同じ原理で水素はすぐガス状になり、ゲップとなって放出されます。また腸までたどりついてもオナラとなって外部に出てきます。腸には気体を吸収する機能がほとんどありません。
以上のことから水素が腸から吸収され血液に取り込まれ活性酸素まで行き着くことは不可能です。そのような水素がすぐガス化してしまうような機構を発明して『特許をとっ た』という主張がありますが、このような特許は正確ではありません。この種の特許は水素が腸までガス化しないで到達して腸壁で吸収させる『特許』ではなく、単に水素を水に効率よく溶け込ませるための技術特許です。

このように値段の高い『水素水』などはばかげています。 すでに十分に研究さているとおり、活性酸素を押さえる目的ならば、新鮮な野菜をとり、タバコを止め、ストレスのない生活をすることです。野菜や植物性食品にはビタミン A,C,E、ベータカロチン、ファイトケミカルなどが多 く含まれ、これが活性酸素を強力に抑えることがたくさん の科学的研究によって解明されています。

 

 

かなり前から水素水が身体に良い!

っていうのは、オカルトと言われてますね(笑)

 

 

 

そしてそんな水素トリートメントですが

メーカーさんは

髪の中の悪玉活性酸素を除去することにより

髪のダメージ原因となる要素を取り除けるので、

もともと自分の髪が持っている本来の姿に戻り、

ツヤとコシを取り戻しヘアダメージを回復します。

 

 

 

と謳ってますが

活性酸素は、血液中にあるもので
血管もない髪には、存在しませんよ〜

 

皮膚や頭皮とかなら
活性酸素の影響があるのかも知れないけど

血管から栄養も酸素も取り込まない髪と
活性酸素は、関連性すらありません・・・

 

 

美容室で行うトリートメントは

水素であろうが

特殊特許であろうが、髪の中に入り込んで

何かしてくれて、ダメージを直したり

ハリコシを与えてくれたりなんかしていません!

 

髪の表面にコーティングなるものをして

髪を綺麗に見せているモノ

たったそれだけなんですよ〜

 

まっ個人的意見でした♩

 

 

ではまたお願いします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です