DO-Sオイルの使い方

嫌われてもいい!!ブログ

 

最近「○○オイルは美容にいい!」というフレーズをよく耳にしませんか?

 

 

 

基本髪にオイルなどつけても、髪は蘇ったりしませんが、

ツヤが出たりまとまりが良くなります。

 

但しオイルを原液で使ってしまうと髪に蓄積してしまい、

よくあるパターンは、オイルはキューティクルに張り付いてツヤを出しますので、

健康な根元の髪にはしっかり残り、キューティクルが剥がれて少なくなっている毛先にはあまり残らずに、根元べったりして毛先パサパサになってしまいます。

 

 

椿油など原液で付けた日には、いくらシャンプーしても取れず、

最後は食器洗剤などを使わなければなりません・・・

 

 

ピカレスクで扱いのDO-Sオイルは水?って思うぐらいシャバシャバで、

かなり薄めていますので、比較的シャンプーで取れやすいのが特徴です。

 

 

DO-Sオイル限定で話をしますが、オイルを付けるタイミングは

お分かりでしょうか?

 

髪が濡れている時に付けて髪をドライヤーを使い乾かすと

髪はしっとり仕上がります。

塗れている時はキューティクルが開いていますので、イメージ的にオイルが髪の中に浸透します。

 

髪が乾いている状態に付けると髪にツヤが出ます。

乾いている状態はキューティクルが閉じていますので、キューティクル表面に付いてツヤが出ます。

 

髪が塗れていても、乾いていても根元には付けないでくださいね〜

 

一度効果をお試しくださいね。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です