トリートメント・コンディショナー・リンスはどう違うのか。

嫌われてもいい!!ブログ

 

お客様にたま〜に質問される事があります。それは、

「シャンプーした後に使うのは

トリートメント?コンディショナー?

それともリンス?・・・どれですか?」

 

日々新商品が発売され巷に溢れかえる無数のヘアケア用品の数々。。

いったい何を使ったらいいのか分からなくなりますよね?

 

 

トリートメント、コンディショナーそして

リンス・・・

 

さてこの違いはなんでしょうか?

 

 

一般の知識として浸透しているイメージは

 

☆ トリートメントは内部補修剤 (髪の内部を補修して綺麗な髪に仕上げる)

 

☆ コンディショナーは、髪の表面を整え

髪の内部にコンディショニング成分を与える。

 

☆リンスは、 髪の表面のキューティクルを整え、ツヤを与えたり滑ら

かさを与え手触りをよくする。

 

 

このようなイメージを持たれている方が多いと思います。

さて、本当のところはどうなんでしょうか?

 

実は・・・

そんなに大差はないんです!

 

リンスはコーティング剤って言いますけど、

トリートメントもコンディショナーも

コーティング剤はしっかり

と入っているんです。

 

なのでトリートメントは
内部補修を強調しがちで
すが・・・

 

髪表面にもコーティング剤がたっぷりついております。

 

各メーカーでも定義が
バラバラなので単なる
名称の違いだけ!!

 

 

実はどんなモノを使用
していても・・・

 

髪のダメージが治ったり
修復されたりはしないので

 

指通りや櫛通りが良くなればどれでも一緒なので、

あまり修復だの集中だのを謳い文句にしている物を買わず(逆に髪が傷む)

適当に安いので十分ですよ。

 

でも本当に髪の状態を良くしたいのであれば、ご相談くださいね。

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です