Visionaire(ヴィジョネア)

嫌われてもいい!!ブログ

 

ピカレスクの本棚には雑誌、洋書などなどが沢山あります。

 

その中から少し珍しい?洋書をご紹介!!

 

 

 

 

 

 

 

まず、ヴィジョネア(Visionaire)とは、ファッション、アート、写真が一体になった新しい形のアート雑誌です。

雑誌といっても、毎号どのような装幀で発行されるのか想像もできない、まるでびっくり箱や仕掛け本のようなものが多く、装幀も凝っているので雑誌というよりはヴィジュアル・アートのオブジェと言った感じかもしれません。

 

写真家スティーブン・ガン、モデルのセシリア・ディーン、メイクのジェームス・カリアードスの3人により1991年に限定1000部で創刊されたヴィジョネアは今でも続いています。

すべての号が限定発売されていることも特徴的です。

多くのクリエーターやブランドが参加し、写真家のブルース・ウェーバー、マリオ・テスティーノ、ナン・ゴールデインなどが作品提供、またグッチ、コムデ・ギャルソン、ルイ・ヴィトン、リーバイスなどとのコラボレーションを展開しています。

 

ピカレスクにはVisionaire3〜 Visionaire40までのいくつかが置いてあります。

ギャルソンとのコラボでは、洋服のパターンが入っていたり(大昔作ったこともあります。)

プレステとのコラボでは、パラパラ写真だったり、

リーバイスなんかは、Gジャンが装幀に・・・

 

エルメスとのコラボは高かった記憶があります。

 

いま現在Visionaire66まで出ているようですが、もう値段が高くて手が出ません・・・

 

ご来店の際に、僕か東浦に行ってくれればお見せする事もできますよ〜

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です