ある意味すごい・・・

嫌われてもいい!!ブログ

 

とある平日、1本の電話が・・・

1週間前に美容室に行き、カット、オーガニックカラー、トリートメントをしてもらい

髪がボサボサ、フワフワになり、髪が全くまとまらないし

外出するのもイヤなぐらい憂鬱だとか!!

 

見てみないと何とも言えませんのでご来店して頂きました。

が・・・

 

髪の長さの約半分がビビリ毛・・・

010_01_20130816011735e8a

毎度の毛先までのカラー&ストレートパーマに、2週間に1度のサロントリートメント!!

まぁある意味すごい美容師ですね(笑)

 

聞くところによると、今回髪が傷んでいるとのことで

オーガニックカラーを勧められたとかで!!

尚且つ、今までよりも凄いスペシャルなトリートメントをしてもらったんだそうです。

 

それまでは、まだお客様も、髪がビビっている事に気付いていなかった?ようですが

今回のオーガニックカラー&スペシャルトリートメント後

髪を乾かしてもらっている時に

なんか髪がチリ付いている!!頭がデカくなっていると・・・

 

髪を乾かして終わった後、美容師も焦って

髪の表面をすきバサミで、スカスカにすいたみたいで

さすがのお客様も、もうすくの止めて下さいと言ったようです。

 

感の良い方はお気づきだと思いますが

オーガニックカラーにスペシャルトリートメントで髪が、さらに傷んだのですね。

 

オーガニックカラーでも トリートメントカラーでも

ヘアカラーはヘアカラーです。

自毛のメラニン色素を壊して → 化学染料を発色させる。

 

このシンプルな原理原則、化学反応は

オーガニック野菜や、天然ハーブや

電子ミネラルを混ぜても、添加しても

変えようも、変わりようもありませんので。

①ジアミンなどの染料

②オキシドール(脱色作用剤)

③界面活性剤

④アルカリ剤(アンモニア類)

⑤感触向上剤(コーティング成分・エセ栄養成分など)

ヘアカラーの原理は、だいたいこういう

物質で、構成されてますので

髪に与えるダメージは全くもって一緒です。

 

それにスペシャルトリートメント!!

ほんま笑わせてくれますね〜

 

毛髪は死滅細胞で出来ているので

傷んだ部分は、何をしようと

どんなモノをつけようと

修復もしないし、再生もしない・・・

 

傷んだ髪の毛は治らない!!

 

 

これは、現在の毛髪科学では常識!!

未来はわかりませんが

現在、これが、プロの理美容師なら

基本中の基本になることなんです。。。

 

なにも詳しいことが分からない

素人さんが言うなら

笑って済ませるレベルですが

 

髪のプロである、美容師が

髪のダメージを修復だの、治すだの

どの口がそんな、嘘を言うんだろ・・・

 

髪は痛みも血が出たり、失敗したからといって死んだりもしません。

まぁ病院に行って病気にさせられてようなもんですよ(怒)

 

では明日はのっぴきならぬお休みですので

月曜日にお会いしましょう。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です