シャンプーまとめ

嫌われてもいい!!ブログ

今日から今まで書いてきたブログの内容をまとめていきます。

 

シャンプー編

みんなシャンプーって何を基準に選んでますか?

香り?成分?値段? ネットの口コミ?

家にあるものを使っている?

まあ多い順番から言いますと値段、家にあるから、オーガニックだからになります。

ドラックストアに売っている安いシャンプーでもツルツルサラサラになるし香りもいい !!

僕らプロからしてもよく出来ているなと感心します。

でも2週間ぐらい使用すると髪がべたついたりしませんか?

もっとひどい状態は根元はベタつき毛先がバサバサになる!! 結構いるはずです。

シャンプーって本来髪と頭皮の汚れを落とすのが目的なんですが、汚れを落とす洗浄成分だけだど髪はギシギシになるので多少はツルサラ成分が必要なんですが・・・・

ほとんどのシャンプーはツルサラ成分が死ぬほど入りすぎています。

要はツルサラ成分がたっぷり付こうが少なく付こうが必要なので良いのですが、この髪に付いたツルサラ成分を毎日リセットしないと根元ベタつき毛先バサバサになっていきます。

IMG_0350

☆ ツルサラ成分をもっと詳しく化粧に例えてご説明します。

 

女性の皆様はメイクをされますよね?

1日の始まりに顔を洗い、化粧水、乳液、美容液etc….

ファンデ、シャドー、リップetc…

女性はほんま大変です。

ではなぜファンデーションを塗るのですか?

大体は肌が綺麗に見えるからです。

ファンデーションにも沢山の種類があり皆さんも好きなブランドがあるかと思います。

ファンデーションを選ぶ時の基準はシャンプーと違い塗った時の肌の質感で選ぶ方が多い?と思います。

艶やかにだったり少しマットな感じだったたりと。

でも皆さん必ず1日の終わりには化粧を落として洗顔をし肌をリセットするはずです。

シャンプーに入っているツルサラ成分はファンデーションと同じ !!

せっかく綺麗に化粧を落としたのにまたファンデーションを塗って寝る人はいませんよね?

どんなに顔を洗っても1〜2週間は絶対取れないファンデーションがあったら使いたいですか?(使いた〜いって方女性やめてください)

髪にはファンデーションはいりません。

何故かって? 髪には天然の強力なファンデーションがあるからです。

 

☆ それはキューティクル

20100628-KYU1

元々髪には肌にするメイクどころではない強力なファンデーションが天然で備わっています。

キューティクルは最後の砦 !!

キューティクルが機能しない髪はもうどうしようもありません。

爪のような硬いケラチンで出来ていて魚の鱗のように8〜10層もあるキューティクル。
鎧みたいな 頑丈な保護剤である・・・

こんなものにツルサラ成分たっぷり貼り付けてどうするつもり?

 

キューティクルこそ最高のツルサラ成分

キューティクル自体が髪のファンデーション !!

だから髪にはたっぷりなツルサラ成分は必要なしです。

必要最低限のツルサラ成分でもこの最強のキューティクルさえしっかりとしていれば
ツルツルサラサラになんか簡単になってくれるのだ♩

☆ 髪の最強のファンデーションであるキューティクルを正常な状態で綺麗に整えてあげる

 

キューティクルのダメージを
出来るだけ 少なくしてあげる

これぞ最高のヘアケアです。

髪は何もしていなくても既にメイク済みの身体のパーツです。

髪の最強のファンデーションであるキューティクルを正常な状態で綺麗に整えてあげる、キューティクルのダメージを出来るだけ少なくしてあげる、これぞ最高のヘアケア !!

ではキューティクルのダメージを出来るだけ少なくしてあげるはどうしたらいいのか?

女性の方ほとんどの方が体験していると思いますがネイル。

爪にマニキュアやジェルだったりを塗り綺麗に魅せます。

マニキュアの原料は工業用などのラッカー塗料とほぼ同様で、アクリルニトロセルロースなどの合成樹脂を着色したもの。

ジェルはウレタンアクリル樹脂などを主な成分とするジェル状の素材。

色や形は違うけど毛と爪を総じて角質器とも呼んでいます。

爪はタンパク質の一種であるケラチンで出来ていて含水量は12%~16%、髪の毛もほぼ同じなんです。

髪も爪も死滅細胞 !!

話が小難しくなりましたが、マニキュアやジェルを落とした後、爪って傷んでいませんか?

ウキペで調べるとこんな記事が。

爪が化学薬品(マニキュアを含む)等に接触し、脱脂、脱水状態に継続的に晒されると水分量を失い、表面が荒れて極端に脆く割れ易くなる事がある。

簡単に説明するとネイルは爪にコーティングして艶、色、デザインを楽しんでいます。

髪も全く同じでコーティングすると水分量が狂いガサガサに荒れて傷みます。

 

シャンプーとトリートメントのあれがダメ,これがダメって・・・・・。

ではその天然のキューティクルをきれいに保ち

髪にコーティングをできるだけ抑えたシャンプーってあるの?

「じゃあ何を使えばいいのさっ!」ってなりますよね。

 

かなりしつこいですが、基本頭皮や髪に良いものはありません。

良いと思っていた成分も天然の植物で云々かんぬんも髪には吸収も同化もしませんから・・・

では僕がいいと思うものは何か?・・・

それはシャンプーは洗うだけ、トリートメントは1日だけもてばいいだけのシャンプー&トリートメントだと考えています。

髪がギシギシにならずキュッキュッ程度になるぐらいのツルサラ成分配合シャンプーがベスト。

しっかり汚れを落とすのがシャンプーの重要な役割です。 即ちバランスが重要。

巷で売られているシャンプーの大半はシャンプー本来の目的を忘れて手触り感ばかりを重視している傾向があります。まさに本末転倒!  で、皆さんすっかり騙されちゃう。。。。

 

ピカレスクではこのシャンプーをオススメしております。

DO-S シャンプー

IMG_0350

まず特徴は髪にたっぷりなツルサラ成分が残っていたりすると泡が立ちません・・・ なので最初は少しもったいないですが泡が立つまで数回繰り返して洗ってください。

簡単に言いますと”きれいさっぱり洗えたぞ (汚れが落ちたぞ) “センサーが付いています。

僕の思う汚れのコーティングが髪に残っていると泡立ちが悪く、残っていないとクリーミーな泡が立ちます。

そんな目に見えないコーティングなんかなんやねんって思っている方、一度体感してください。

コーティングぐらいって !! いやいや『素の状態の髪がどれだけ柔らかく軽いか』びっくりしますよ。

とにかくこのシャンプーは説明なしで使うと半数以上の方が「うん?」ってなりますので僕か東浦にでもお問い合わせください。

もう一度言います。DO-S シャンプーです。

 

明日はトリートメント編です。

また明日。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です