ピーリング剤2

嫌われてもいい!!ブログ

家のクーラーが壊れました・・・ 暑すぎるので今日は8時前に出勤!!

今日もピーリングについて書いていきます。

ピーリング剤 

↑↑↑こちらの続き

 

ホームケア用のピーリング剤の効果は低い

でも、毎日使うと・・・

 

ドラックストア等に行きピーリング剤の裏を見ると

全成分表示が書いてあります。

その成分表の中に「リンゴ酸」が表示されています。

(AHA リンゴ酸が角質を柔らかくする)

 

このリンゴ酸はプロユース用(サリチル酸など)に比べると酸としての力は弱く

ホームケア用などは全成分表示の記載順から察すると

リンゴ酸の配合量はかなりの微量です。

よってホームケア用は、古い角層をはぐ力はかなり弱いと思われます。

そもそも化粧品は、医薬品や医薬部外品に比べ、その効果が弱いと言われています。

薬機法で定める化粧品の効果効能は「予防」の域を出ないもの。

医薬部外品は「抑制」

医薬品は「治療」

という具合に効果効能の力が上がっていきます。

では効果が弱いからと言って、ホームケア用は毎日使ってもよいのでしょうか?

答えはノーです!!

その理由には「肌のターンオーバー」が関係します。

皆様は多分ターンオーバーのことはご存知だと思いますが、もう1度復習。

ターンオーバーとは「表皮の新陳代謝」のこと。

表皮は肌の1番外側にあり、外部から異物の侵入や水分の蒸発を防ぐバリアとなって

内部を保護する役割をしています。

 

厚さは、平均0.2ミリとごく薄く、細胞分裂を繰り返し、日々生まれ変わっています。

そのサイクルは、一般的に28日周期と言われ、最終的には垢として無くなります。

 

ピーリングは、そのいらない垢を柔らかくして、はぐ行為をしています。

ホームケア用は効果が弱いからと言って、肌のターンオーバーを無視して

毎日使い続けると、必要な角質までも失うことになりかねません!!

そしてその結果、最悪の場合、炎症を引き起こし、乾燥肌、敏感肌になる可能性もあります。

 

concept of cosmetic skin care.

concept of cosmetic skin care.

 

明日に続く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です