トーンダウン3

嫌われてもいい!!ブログ

 

トーンダウン トーンダウン2

↑↑↑こちらの続き

 

今日は写真で解説していきます。

まず来店時

image1

 

前回のカラーから約3ヶ月

ここ1年程度リタッチカラーで来ておりましたが

毛先の色抜けが汚くなってきた状態。

 

そしてカラー後

image1-6

まずいつものようにケミカルカラー剤を使用して

リッタチカラー。

ここからは通常

同じケミカルカラーを使い施術していくことが多いのですが・・・

どんなに優しい薬だと謳われても

トリートメントしながら毛先はカラーしていきますね〜

・・・などと言いつつぼったくる(笑)

数ヶ月後は今よりひどい

色抜け&ダメージが待っています。

 

ピカレスクではどうしているか?

毛先の明るさをどこまでトーンダウンするか?

カウンセリング後

根元をケミカルカラーで施術してからの

毛先はヘナでトーンダウンしていきます。

 

今日は少し短いですが

明日は毛先をヘナでトーンダウンする場合の注意点などなど

解説していきたいと思います。

ではまた明日

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です