脱洗剤の最終?

嫌われてもいい!!ブログ

脱洗剤続いてます。

↑↑↑こちら続き

 

遠い昔は石鹸は下剤にしてたんですね。

 

明治時代後半でやっと庶民が

入浴で石鹸を使うようになったのか・・・

 

たかが100年ちょっと前って

ってゆうことは江戸時代の人達は

石鹸なんかで身体を洗っていなかった!!

お江戸の下町は

悪臭が立ちこめていたのだろうか?(笑)

たぶんそのころは
アトピー性皮膚炎なんかは存在すらしなかったのかも?

 

ビフィズス菌のためにヨーグルトを食べるのが
身体に良いって思う人は多いでしょ!?

皮膚も常在菌と

上手くつき合ったほうがいいのかも・・・

 

石鹸やボディーソープで洗う事により

皮膚常在菌を殺菌・消毒してしまうため

人間が本来持っている

自己調整機能を損なうのか?

きっとそういうことなんですね〜

 

でもね・・・

確かに常在菌というのは大切だし

脱洗剤をすることでメリットは沢山ある

でもここで注意してほしいことが2つあります!!
◎皮膚は排泄器官である

あっ僕は
デトックス信者でもなんでもないですよ・・・

むしろ無理矢理排泄させよう!!

などというのは・・・

しかし

皮膚は汗や油や垢などを

排泄している器官であることは間違いない!!

これは身体にとっても皮膚の機能にとっても

大切な要素であるのは事実ですから。

しかしこの排泄器官というからには

内的要因が大きく関係してくる。

そ〜です

体調やホルモンバランスとか

食べ物の影響などなど・・・

 

脱洗剤を今日で終わらせたかったのですが時間切れ

読んでる方も書いている僕もうんざり気味ですね・・・

明日に続くかはわかりませんが。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です