ちょっと難しいヘアケア商品?

嫌われてもいい!!ブログ

シャンプー   トリートメント  目立たないヘアケア剤?

↑↑↑↑ こちらからの続き

今日はハナヘナのアワルというヘアケア剤?をご紹介

70726f647563742f613631303837643137392e4a50470032353000

これはヘナ、アワルと言ってインドに生えている草です(笑)

色のつかないへナといわれてるハーブですが、肌にも使用でき

美白効果などもある商品です。

70726f647563742f313232643332636237662e4a50470032353000

写真のようにアワルを塗布して10分ほどパックすると
お肌が1トーン白くなります。

※ 顔パックをする前に草負けがないか、過去アレルギー等ないか
必ず、パッチテストをすることをおススメします。

スキンケアの情報はこれくらいにしまして

ヘアケアにはどう?

ヘアダメージ、髪質等で仕上がりに差が出てしまいます・・・

 

そんなんあかんやんって思われますが、はまれば?最強の武器に?なります。

 

ヘアトリートメントのおおまかな働きは二つあります。

①内部の栄養補給!

これは、ちょっと言葉が怪しいですが
ダメージした髪は、内部のタンパク質が減少してるので
それを補い、髪密度を上げるということ。

 

②櫛通りなどを良くして 髪を保護する!

一般的には被膜(コーティング)と言われるが
あまり過度に被膜を貼ると デメリットもある(より傷む)

この

髪の毛の内部と、キューティクル付近の外を

綺麗にするのがトリートメントの目的なんですが!!

その日1日だけ、綺麗が持てばいいんだったら

DO-Sシャンプーとトリートメントだけでいいのです。

一般的なトリートメントの多くは

数日間とか、持ちをよくしようと考えるので

被膜(コーティング)が強力になったり

なんちゃってコンプレックスなんぞをしてしまうのだ。

簡単に説明すると

内部に入り込む、髪の毛の補強成分なんか

髪を洗えば、簡単に流出しちゃうので

表面コーティングを強くして、出にくくしています!!

これが一般的なんです。

 

ここで、ヘナの最大のメリットが

強力な被膜をしなくても

ヘナ自体が、髪の毛の内部で

絡みつくように定着しやすいので

強力なコーティングをしなくても

流出しにくく持ちが良い!!

 

時間切れで明日に続く。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です