ヘナ ハナヘナ まだ続いてます

嫌われてもいい!!ブログ

とにかくインディゴを綺麗に発色させる為には、水分と空気 !! ここがポイント!!

今日もインディゴの話でもと思いましたが・・・

少し話はずれますが今日はこちらで !! (記事少しお借りしました)

オーガニック

有機

健康

巷には様々な健康に良さそうなネーミングが溢れています。

美容業界でもオーガニックシャンプーをはじめ、オーガニックカラーまで沢山溢れかえっております。

髪を思い通りに染めることのできるカラー剤は、たった数%のケミカル色素があれば作ることができます。

新製品のオーガニックカラーは、87%がオーガニック素材で出来ていて・・・

オーガニック成分をふんだんに使うことで・・・

いろんな髪に肌に健康に優しそうなアイテムありますがほんの少しでも化学薬品が入っていれば、オーガニックやハーブなんぞなんの意味もありません。

薬品で作られた 聞こえのいいアイテムってだけです。

美容業界に多い売り込みです。

ですが、いくら95%オーガニック素材で作られていても

髪を染めるのは、ケミカル(人工)色素。

オーガニック素材を87%以上配合すると

ケミカル原料がうまくコントロール出来ないのでしょう。

髪の毛のようなタンパク質に好みの色がつけられる自然色素はありません。

色は一時的につける素材は自然の色素でもありますが、1,2度シャンプーをしてしまえば綺麗に取れてしまいます。

しかし

自然の色でもヘナ(オレンジ)やインディゴ(ブルー)なら長持ちさせることができます。

世界中を探しても髪の毛に長時間色が残りさらに髪の毛を保護し、色を付けてくれる自然のものは

ヘナとインディゴだけ。

いかにも良さそうなネーミングを付けられたオーガニックカラーでもオーガニックで色がつくわけではありません。

染めてるのは紛れも無い人工色素。

地肌にも当然良い訳がありません。

アレルギーやアトピー持ちの方が間違わないように願います。

近頃10年以上ぶりにご来店して下さるお客様がちらほらと。

皆様変わらずで嬉しい今日この頃です ♪♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です