ヘアカラー3

嫌われてもいい!!ブログ

ヘアカラーはさほど明るく染まらない白髪染めでもブリーチ剤が入っているためダメージは必ずある !! 分かっていただけましたか?

他にもアルカリなどのダメージなんかもありますが、ヘアカラーでの髪の傷みの多くの部分は

ブリーチ(脱色)で起こると覚えておいてください。

で!!カラーを自分でされている方ちょこちょこおられますが、一番怖いのがダメージレスと思い込み使用されているパターン。

♦なんちゃら成分配合のヘアカラーでツヤツヤの美髪に変われます!!

♦特許出願済みの新成分○○の働きでダメージレスの毛染め♩

♦ダメージゼロ!天然由来の植物性のオーガニック成分で出来たヘアカラー!

♦ヘアカラーと同時に髪の栄養成分補給で傷んだ髪も蘇ります♩

♦ノンアルカリの薬剤を使用していますので安心、安全にヘアカラーが楽しめます!

・・・・あげていけばきりがない・・・

しつこいですが髪が地毛より少しでも明るく(ブリーチ)なる以上ダメージレスはないので、間違った情報でご自分でカラーされる方大体は毛先がボロボロになっています。

何故か?

今の髪の状態がカラーもパーマもされていない状態(長さはロングではない)でご自分でされる場合は百歩譲りますが、カラー剤の多くは髪の状態がバージン毛を基準に作られています。

なので・・毛先にパーマが・・・ 何年もカラーを・・・あ〜恐ろしい。。

では、続きはまた明日。

今日は長女のにこが撮ったバラでも

IMG_2957

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です