ヘナ ハナヘナ 続いてます

嫌われてもいい!!ブログ

ヘナは髪を明るくすることは出来ません。

ヘナの色素も多少の差はありますがオレンジ1色です。

自毛の状態で見え方が変わってきますので白髪がものすごく多い方はオレンジ頭になってしまいます。

ヘナのみで染める場合どういった自毛の状態がよいのか?

白髪がチラホラ程度、白髪量が1〜2割程度ぐらいまでの状態の方がベストです。

白髪がそれ以上になりますとかなりオレンジが目立ってきます。

じゃ白髪が多い人はヘナでカラーは無理なのか?

大丈夫です !! インディゴというこれまた天然の染料があります。

天然のインディゴの色素はブルー(青)。

基本的な天然ヘナ染めというのは

ヘナ(オレンジ)で染めて、髪がオレンジになったところで

インディゴをオレンジになった髪に塗布すると

ヘナのオレンジが消え(グリーンぽくなる)補色の関係で茶系になります。

この2度染めという方法で白髪量が多くてもしっかり染めることができます。

へ〜 インディゴが?

インディゴ編続くかな・・・

P1010866

写真拝借しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です