ヘナの溶き方と放置時間は?

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

ご自分でハナヘナで白髪染めをされていらっしゃる方達に

少し気をつけて欲しいことがあります。

 

それはヘナを溶く際のお湯の温度です。

 

 

 

ピカレスクでハナヘナを購入していただいたお客様に

ヘナを溶く際は、”ぬるま湯”で溶いて下さいと伝えておりました。

・・・・中には熱めのお湯で溶いておられる方なども多数いたりして。。

熱いお湯はダメです。

ヘナは水で溶くのが一番効果があります(今さらすみません・・・)

 

そしてナチュラルヘナをされた方はご存知だと思いますが、ヘナを溶いて時間を置くと

粘りっ気も出てきます。

粘りの元であるムチン質もお湯より水のほうが破壊されません。

ただいくら水が一番効果があっても100%お水だと冷たすぎるので

ご自分でされる場合には、ぬるま湯程度で結構です。

 

ヘナ ナチュラルはぬるま湯で溶いた後は

30〜40分置いてから塗布する方が、色素であるナフトキノン滲み出てきますので

より効果的です。

 

溶きたてはこんな感じ

 

 

30分以上置いたヘナはこんな感じ

 

 

 

 

しつこいようですが、自分でされる場合には効果的だからといって、

水で溶かし寒いのを我慢しながらは、風邪引の原因ですからお止めくださいね(笑)

 

 

ヘナのご質問ご相談お気軽に〜

 

ではまたお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。