ヘナは溶いて時間置くけど、インディゴも同じですか?・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

自然の色素で白髪を染めるヘナ染めは、ヘナという植物とインディゴという植物を
使って自然なブラウンや黒に染めていきます。

ナチュラルヘナはオレンジ、インディゴはブルーの色素を持つのですが
それぞれの色素の『特徴』が異なります。

 

ヘナで髪を染めるためには
『より染まりやすいように』水分に『なじませる?溶け込ませる?』必要があります。

昨日のブログでも書きましたが

ヘナはぬるま湯で溶いて、冷めたら湯煎すると良いです・・・

 

ヘナをぬるま湯で溶いて、色素を染み出させる『時間』がある程度必要なため
染まりやすいように前日〜最低でも30分前に溶いて『染める準備』をしておきます。

 

溶いてすぐです。

 

1時間以上おいたヘナ

 

 

さて今日はインディゴも同じように

溶いてから時間を置くほうが良いのか?

をブログにしていきます。

 

 

インディゴの色素は、ヘナの色素と特徴が違います。

インディゴの色素の正体は『菌』!
水分に溶け出させるまではヘナと同じですが、溶け出した時のインディゴの色素は
『まだ無色』なんです。

その無色のインディゴを空気に触れさせて酸化させて
インディゴはブルーの色素を発色します。

この酸化を長時間させてしまうと髪に上手く着色できないため、

ヘナのように前日や30分以上前に溶くのはNGなんです。

最近色々試しましたが、塗布する15分前にぬるま湯で溶くのがお勧めです。

 

溶いてすぐのインディゴ

 

 

酸化してくると表面が青くなる

 

*ハナヘナさんから写真お借りしています。

では皆さま
自然色素の特徴を知り、楽しんでヘナ染めをしてみてくださいね。

 

 

明日木曜日は定休日です。

金曜日のブログも是非ご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。