美容室が言う当店ではリタッチカラーをお勧めしています!でもね・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

SNSやブログなどで目にする機会も増えた

ヘアカラーでのリタッチ染め♪

白髪染めなどで、伸びてきた部分だけを染めることで

ダメージを極力減らす事が可能です。

 

最近新規のお客さまで、白髪染めでのご来店の方で多いのが、

以前行っていた美容室でリタッチ染めをしてもらってたので

『リタッチ染めでお願いします』

とのオーダーが・・・

 

ピカレスクではもうかれこれ20年近くリタッチ染めをお勧めしてきました。

特に白髪染めの場合はほぼリタッチ染め♪

 

でもねこのリタッチ染めって美容師(プロ)しかできない技術でもありますが

それ以上に大切なのが  ”知識”

以前の新規のお客さまの写真ですが見て下さい。。。

 

 

白髪染めしてから3週間程度なのですが

白髪部分の毛先までもが色抜けしているのが分かりませんか?

 

何故そうなるか?!

 

カラー後はしっかり染まって綺麗に見えるのですが

伸びてくる髪は仕方ないのですが

白髪量の多い部分は染めたところまでも色抜けしてくる・・・

 

それは白髪量が関係しているのです!!

 

 

白髪量?

白髪量とは髪にどれだけの白髪があるのかということを表します。

 

どれくらいか写真見ると!

 

 

ちょっと分かりにくいですが、一番下の白髪が混ざった毛束を見ると

5% 10% 20% 30% 50%記載されている写真わかりますか?

 

 

ヘアカラー剤は各メーカー基準を作っており

ピカレスクで使用しているカラー剤に限定して言いますと、白髪量約10%に合わせて作られております。

分かりやすく例えますと白髪量約10%に合わせて作られたカラー剤なら

白髪量20%の方に染めると明るく染まり、逆に10%以下の方に染めると暗く染まるという理屈なのです。

 

そういった場合などは少し暗めのカラー剤や明るめのカラー剤を20%〜40%程度足して

濃さを調整して対応するのですが

ほとんどの美容師さんがこの調整方法を知らない・・・

もしくは面倒くさくてやってない・・・

 

この濃さの調整ができていない、知らない美容室で白髪染めをされた

場合は、毛先までもがどんどん色抜けしていき

毎回毛先まで白髪染めをしなくてはなりません。。。

 

しっかり白髪量を見極めて、濃さを調合したカラー剤で染めると

伸びてきた白髪以外は、色落ちしないでしっかり色味も残っているので

次回も(意外と1年近く可能)リタッチ染めできますよ♪

 

 

 

明日のブログもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。