インディゴ入りのヘナ染めは、すぐに乾かさ無い方が良い発色をしますよ♪・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

先日ご来店されましたお客さまですが、

初めてご来店された時は, 失敗された縮毛矯正や毎回の毛先までのフルカラーなどで

髪がボロボロでしたが、

ヘナ染めに変えて約1年経った現在、髪が驚くほど綺麗になっています。

 

条件が合えばヘナ染めはお勧めです♪

 

そんなヘナ染めですが、

ナチュラルヘナ(オレンジ)インディゴ(ブルー)と2種類あります。

その他にヘナとインディゴが混ざったものなどあり

これら全ての ヘナ は天然100%の新鮮なハナヘナを使用しております。

 

 

その中のインディゴ染めの場合の注意点ですが、
染めた後の水分保持が染まりに
影響する為

インディゴ染め、インディゴ入りヘナで
染めた後は

すぐに乾かさない!

 

ハナヘナのインディゴ入りヘナは特に注意が必要です。

 

・ハーバルマホガニー

 

 

・ハーバルブラウン

 

 

 

ヘナ染め(オレンジ)の場合は染めた後
すぐに乾かしてもそこまで発色に
変化はありませんが

インディゴ入りヘナで染めた後は
すぐに乾かさない方が
インディゴの発色が良くなります。

 

インディゴは色素ではなく

なので

染めた後の酸化が重要で
その酸化してる間は

髪に水分がある方が良いですよ。

 

なので直接空気に触れさせず
水分がある状態で酸化させることで
綺麗に発色してくれます。

 

今のこの時期は、濡れたまま放置は寒くて風邪ひきますので

ドライヤーで乾かした後

霧吹き等で染めた部分を湿らして
自然乾燥して

また湿らせて
自然乾燥してを数回繰り返していただくと

綺麗に発色します。

ちょっと面倒ですが、

染めた後の処置はとても大切です。

 

 

明日のブログもよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。