毛髪湿度計ってなに?・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

毎日暑い日が続いていますが

特にくせ毛の方は暑くて湿度と汗をかいて髪が膨張して厄介ですね〜

 

今日はどうでもいい話なんですが・・・・・。

髪は濡れると伸びて長くなり

乾くと縮み短くなることについて少しお話しします。

 

その髪の特性を利用して18世紀後半には

毛髪湿度計なるものが完成されています。

 

 

 

百科事典から

1783年,スイスのオラス=ベネディクト・ド・ソシュールにより考案された湿度計。繊維質の物質は空気中の水蒸気を吸収すると伸び,乾くと縮む性質がある。毛髪はこの性質が比較的規則正しく現れるため,脱脂したヒトの頭髪を 10本以上束ねて張り,湿度による伸縮をてこの原理を用いて拡大し指針に伝達する。

 

細さと弾力性(耐久)に優れることから、白人女性の金髪、特にフランスや北欧の若い女性のものが最適だったようですね!!

 

日本人の髪は太くて硬く髪の色も黒々としているのですが

どうも弾力性(耐久)が弱いように感じられます。

そしてキューティクルも厚くて少しくせ毛の髪質は

どうもダメージしやすい印象があります!!

見た目がくせ毛なのでパサついて見えるってのもありますが

すぐ枝毛になりやすく髪が硬くなっていき

しなやかさが失われるのも早いような気がします。

 

逆に髪が細くてキューティクルも薄そうで髪の色も明るい

髪質の方はいつまでもしなやかで、ブリーチ剤で金髪にしても

ダメージ感が無く、薬剤や物理的ダメージに強い印象があります。

毛髪湿度計でも書いていますがフランス人の金髪の髪質は

細くても強い!!

 

 

僕が思うには黒々として髪もキューティクルもしっかりしている髪質は

湿気?に弱い気がしてなりません!!

 

なので美容室でするサロントリートメントなるもので

キューティクルに皮膜をバリバリに貼り付けると

キューティクルに常に湿気、水分が留まり

湿気に弱い太くて硬く髪の色も黒々としている髪質の方は

ダメージが激しいのだと考えています。

 

シャンプーやトリートメントごときで!!

髪なんか傷まへんわ〜〜って思っておられるお方??

自分の髪をよ〜く見てくださいませ〜〜

太くてくせ毛なら

他の方よりも実は繊細で弱いですよ。

 

では皆さま熱中症には充分にお気をつけてくださいね。

 

ではまた明日のブログもぜひご覧くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です