ヘナ2度染めでの仕上がり・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

 

昨日からの続き?

ヘナナチュラル(オレンジ)で染めると・・・

 

 

今日はヘナ2度染めですが

まだまだ2度染めって何?と思われる方も多いかと思いますので

簡単に説明していきます。

 

先ずは

お客さまの白髪量がどれくらいか?(ここが大事)

 

 

 

 

 

 

次に

 

ヘナで白髪染めをするとヘナナチュラルの場合、色素がオレンジですので
白髪部分がオレンジに染まります。

 

 

 

 

 

そのオレンジの色味があまり好きではない

ブラウンに染めたい

明るくしたくない

などなどの場合はヘナナチュラルはチョイスから外れます。。。

 

ではヘナ染めができない〜となるのですが

ここで登場するのが2度染め♪

まだまだ多くの方が、ヘナナチュラル(オレンジ)を使用して

2回染めるの?と思われるている方も居られるのですが・・・

違います。。。

 

ではどうやって?

 

今回のお客さまはヘナ2度染めを始めて今回5回目!

最初の状態からどーぞ

 

 

ずっとケミカルカラーで白髪染めをされておられましたが髪、頭皮のこれからの事を考え

ヘナ染めにチェンジされました。

白髪量は20%程度で、ブラウンに濃く染めていきたいとのことでしたので
迷わず2度染めをおすすめしました。

 

今回のご来店時です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毛先に少し以前のケミカルカラーで染めた部分が残っています。

 

ここからヘナナチュラル(オレンジ)で染めていきます。

約40分前後時間をおくと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪部分にヘナナチュラルのオレンジで染まったのがわかるかと思います。

 

ヘナ2度染めはここから更にインディゴというヘナで染めていきます!

日本では藍染として知られるインディゴ
日本の藍の種類とインドの藍の種類は違うのですが
基本的な染色の仕組みは同じものです。

ヘナナチュラルでオレンジになった髪をインディゴの藍のブルーで補色し
オレンジ+ブルーで茶色の色を出すということが基本的なヘナ2度染めとなります。

 

 

 

こちらで染めていくと・・・

 

出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白髪部分が黄緑?緑?な色味ですが、

ここから48時間程度かかりますが、空気酸化していきブラウンに発色していきます。

 

仕上げはブラシも使わず、艶出し系のスタイリング剤も付けず

ただ乾かしただけで綺麗に仕上がります♪

ヘナ2度染めは時間、金額もかかりますがそれ以上に得るものは大きかと思います。

 

ヘナに関するご質問などございましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

 

では明日のブログもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です