カラートリートメントをされると染まりが悪くなります・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

今日はグレーカラー(白髪染め)をされているお客さまで

次の来店までに家でカラーをされる方に少しお願いがあります。

ダメージの事を考えて

トリートメント系のカラー剤を使用するパターンが多いのですが

ピカレスクの来店までに最低でも2週間程度空けて下さい。

 

 

トリートメント系カラー剤は塩基性カラーといいます。

塩基性カラーとは、普通には聞き慣れないヘアカラーですが、一般的なドラッグストアなどでも購入できるカラートリートメント」の正式な名称を「塩基性カラー」といいます。

カラートリートメントでは、美容室専売だけでなく一般市場でも販売されるようになっており、さまざまな人が使いやすいヘアカラーの1種になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと沢山の種類がありますが

パッケージにトリートメント、ハリコシ、ボリュームアップ

など書いてある商品はほぼ同じです。

 

これらを来店前にホームカラーで使用されると

美容室で行うグレーカラー(白髪染め)の染まりが悪くなります・・・

 

 

これらの商品は髪の内部まで染めず、髪の表面に染料を吸着させて白髪を目立ちにくくしており

髪の表面に吸着させた染料が、ほぼコーティングと同じなので

特にヘナ染めを希望のお客さまは、物凄く染まりが悪くなりますので注意が必要です!

 

美容室でケミカルグレーカラー、ヘナ染めの予約されている、予定している方は

カラートリートメントをされる

*1〜5日前などはビックリするぐらい染まりません。

*7〜10日前は微妙に薄い染まりになります。

*2週間前はしっかり染まっていますが、その後の持ちはまだ検討していません・・・

 

美容室でグレーカラー(白髪染め)をと考えているお客さま〜

最低でも2週間前は控えてくださいね。

 

 

明日のブログもよろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です