ダメージレスなヘアカラーや縮毛矯正はあるのか?・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

 

カラーはダメージするよ!トリートメントは髪を傷めるよ!等のブログを書いていると、
薬剤のメーカーさんやディーラーの営業さんが新商品を持って来てくれても
そんなノンダメージなんて、あり得ないやろ〜とツッコミどころ満載ない事が多々あります・・・

 

そうそう・・・

最近Instagramを復活して思う事があります!
美容室?美容師の広告で出てくるのですが

やたらと当店はダメージレスなブリーチだの

オーガニックだの

トリートメントのストレートパーマだの

などと謳っておりますが・・・

その他に

ノンアイロン、ノンジアミン、ノンアルカリだの
ありとあらゆるまやかし語を目にしますが・・・

 

例えば
ヘアカラーのダメージの大半は脱色なんですね!

これは元々の髪の持ってる
メラニン色素を破壊して明るくします!

ってことは?

自毛より少しでも明るくなれば
その分だけメラニン破壊してるって事なんですね〜

髪のメラニン破壊と
オーガニックには関連性がまったく無いですからね〜

 

ヘアカラーなら

自毛よりちょっとでも明るくなれば

メラニン破壊で必ず傷んでます!

 

 

パーマや縮毛矯正なら・・・

真っ直ぐな髪をカール状に曲げたり
うねる癖毛をストレートにするには

髪のタンパク質の結合を
切らなければいけません。。。

 

ただこれね
100個の結合を切断しても

せいぜい6〜7割ぐらいしか
再結合できないんです。

残りは切れっぱなしになってたり
ミックスジスルフィドという薬剤の残留物質が
くっついて再結合できておりません。

 

そうなんです!ノンアルカリだろうが
ノンアイロンだろうが・・・

 

タンパク質の結合をぶった切って

切れっぱなしのタンパク質があるから

必ず傷んでます!

 

皆さま惑わせないようにしましょうね〜

 

明日のブログもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です