インディゴで痒くなる場合・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

ヘアカラーで湿疹やかぶれで悩む方、
ヘアカラー剤に含まれるジアミンにアレルギーを起こす方 etc・・・

 

そんな方の中にはノンジアミンのヘアカラー剤や
天然のヘナやインディゴなら大丈夫な人も多いのですが・・・

 

ヘナに関しては、アレルギーの報告はほぼ0%?なぐらいですが
インディゴはマメ科の植物なので

そばアレルギーなどと同じでアレルギーの事例もそこそこあります。

 

ジアミンが入っているヘアカラーは大丈夫だけど

インディゴはダメって場合も・・・

 

アレルギーって本当に厄介ですね・・・

 

僕の知っている限りで、ご自分でヘナ2度染をされているお客様から
頭が物凄く痒くなるという報告を受けています・・・

 

ヘナでしっかり白髪染めをする場合は

1度目はナチュラルヘナ(オレンジ)

2度目はインディゴ(ブルー)

で染めますが、2度目のインディゴを流した後にかゆみが起こる場合があります。

 

かゆみが起こる原因ですが、大体の方は

 

1度目のヘナの後でシャンプーすることで

頭皮の油分などが洗浄されたり

シャンプーの刺激で頭皮も敏感になっている!!

そんな状態でインディゴが塗布されることで

頭皮に刺激を感じてしまう。。。

 

 

頭皮が乾燥すると頭皮が突っ張り『かゆみ』の原因にもなりますので
ピカレスクでは、2度染めの場合のインディゴに少量のハナヘナオイルを入れたり
ヘナ染め後は頭皮に油分を与えたりしております。

 

ご自分で特にヘナ2度染めをされるお客さまに
おすすめのオイルはこちら↓↓↓↓

 

 

ハナヘナオイルという名前をつけていますが、ヘナから採れるヘナオイルではなく
ヤシ油とホホバオイルが主成分のオイルです。

 

ヤシ油とは?
アジアではよく見られるココナッツから採れる植物油。
インドでも薬として使われたり料理に使ったりと重宝されています。
比較的さっぱりした油でエモリエント効果の高いオイルです。

ホホバオイルとは?
ホホバという植物の種から採れる油。
人間の皮脂に最も近いと言われるオイルで『ワックスエステル』とも
言われ保湿と弾力性のあるオイルです。

この2種類のオイルが主成分で髪にも肌にも使うことができます。
最近の僕の使い方は、乾燥した肌に使っています。

とても浸透性がありベタつかないので1日の終わりにはお湯でさっと流せば
取れるオイル。使い勝手はとても良いと思いますよ。

他にはヘナに混ぜたりシャンプー・トリートメント後のアウトバストリートメントとして
毛先に少々。
とても濃厚ですが、ヘナ塗布前につけても染まりには影響しません。

ハナヘナ オイル 60ml

(税別)2500円です。

お問い合わせくださいね。

 

明日木曜日は祝日ですがお休みになっております!
金曜日のブログもどうぞ宜しくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です