毛髪の基礎知識・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

髪は、一度ダメージしたら

何をしようが何をつけようが

絶対に治りません!!!

 

修復トリートメントや髪質改善しても

ヘアダメージが回復するなんてないですから!

 

ヘアダメージについてお客さまが
できるだけ分かりやすいように簡単に毛髪について書いていきます♪

 

 

これからヘアダメージとは?
それらを解説していきたいのですが・・・

その前に最初は、髪の構造から・・・

 

 

興味ないと思いますがまずは、1本の髪の構造を・・

 

 

 

 

髪はほとんどが
ケラチンタンパク質で出来ています。

 

輪切りにすると、外側から内側にかけて
「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」
の3つが層になって構成されています。

 

◎キューティクル
一番外側にあるキューティクルは、
硬〜いケラチンタンパク質で出来ています。

キューティクルは平たいうろこ状のケラチンが
4〜10枚重なっていて髪の内部組織を守っています。

*このキューティクルをいかに大事に育てるか!これで艶や手触りが持続します。

僕がいつも言っている、持続性のあるタイプのトリートメントや

毎回毎度の毛先までのヘアカラーなどなどがキューティクルをダメにします。

 

 

 

◎コルテックス
3層の真ん中にあるコルテックスは、
髪の断面の最も多くの部分を占めていて、
その割合は髪の毛の85〜90%です。

主成分は、繊維状のケラチンタンパク質。

このタンパク質の脂質や水分量が人それぞれ異なり、
その人の髪質となっています。
髪の色もこのコルテックスに含まれる
メラニン色素の量と種類によって決まります。

 

◎メデュラ
メデュラは髪の中心部にあり、
軟らかなタンパク質が主成分です

ちなみに細毛や猫っ毛では
このメヂュラがない場合もあります。

 

そしてこの髪の構成されてる成分は?

人間の身体、筋肉や肌や爪など身体のほとんどが
水分とたんぱく質で出来てます。

 

毛髪成分の8割はタンパク質で構成され、
そのうち「ケラチンタンパク質」が70%、
シスチン結合のない「非ケラチンタンパク質」が10%。

次に多いのが水分で約12%、残りはCMC脂質で3.5%、
メラニン色素・NMFなどが約4.5%です。

髪の約80%を占めるタンパク質は、
髪のツヤ、ハリ・コシ、強度、保護、水分保持、
透明感などすべてに影響しています。

 

 

このようにほとんどが(8割)タンパク質で
できてる髪は頭皮から生えています。

ではそれらの構造を・・・

この辺りは僕でも見たくない部分ですが、とりあえず書きます😊

 

 

 

髪は、頭皮から出ている毛幹部分と、
頭皮の奥にある毛根部分に分けれます。

普段、みんなが髪のお手入れをしているのは
頭皮から出ている “毛幹部 ”
髪を作って成長させているのが毛根部分。

そして髪を作り出しているのは
毛根にある毛球ってところ。

毛球の中の、毛乳頭細胞が毛細血管から血液を取り込んで、
細胞分裂を繰り返すことで、それが押し出されて
髪の毛として生えていっています。。。

 

ここからは見てください

とっても大切なのが・・・

毛髪はこうやって どんどんと伸びていくため、
活発で生きているか?のように感じますが・・・

実は、死んだ細胞の集まりが
頭皮から押し出されたものなのです。

 

これは人の他の部分でいうと
爪に非常によく似ているんですね〜

 

髪の構造はこれくらいにして次回は

ヘアダメージについて書いていきます。

 

明日は木曜日は定休日ですので

金曜日に続き見てくださいね〜

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です