パーマかけた後の髪の匂いが・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

今日は、凄く暖かくなるようで

気温も20℃まで上昇♪

早く夏にな〜れ(笑)

 

暖かくなるとパーマをかける方が増え、スタイルの幅も広がり

可愛くなるし、スタイリングも楽チンになる

そんな素敵なパーマですが(笑)

一つだけ欠点が・・・

 

それはパーマかけた後の

” 髪の匂い ” が臭い・・・

 

パーマかけた後に、シャンプーをしてお風呂場にいると

なんとも言えないパーマ臭が嫌いって方が少なからずおられます!

 

パーマ液の残臭って今のところどんなパーマ液でも残臭は残るんですよね。

原因はいくつかあって酸化が不十分だとかシステアミンと言うパーマ液でかけた場合とかいろいろあるのですが、原因がどれであれ、お客さん側にとっちゃ不快な訳ですよね・・・

 

色々と酸化が不十分にならないようにしっかりと対策はしているのですが!

 

*例えばこちらなどをパーマ後に塗布

(アルカリの中和)をする

 

でもね〜どうしても1週間くらい匂いは残るんですよね〜

 

 

でもそんな時はこちら!

【アルカリオフ】

 

DO-Sアルカリオフの基本的な使用方法♪

 

ヘアカラー・パーマ・縮毛矯正など
薬品を使う施術をした後に。

シャンプー前の濡れた髪に適量を
髪全体に優しく揉みこむように塗布。

2〜5分置いてからシャワーで
よく洗い流します!

 

その後必ずシャンプーをしてください♪

たったこれだけで

かなりパーマの匂いは取れ気にならない程度にはなります♪
髪が濡れてるときは、やはり少し匂いますが、乾かすと平気。
やるとやらないとでは全然違う印象です!

 

アルカリオフの本来の目的は

ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正など
ヘアダメージを伴うメニューの薬剤は
多くが アルカリ性なんですね。

 

 

髪は 弱酸性がベスト!

その髪に、アルカリ性の強い薬剤を使用するので
アルカリにより髪が損傷したり

また そのアルカリ成分は髪に残留して
美容室から帰った後も、髪に悪さをしております。

 

そんなこんな
アルカリという魔物を抹消しなければ!

 

って 真っ先に開発されたのが
DO-Sアシッドっていうプロ用の薬剤なんです。

 

その プロ用のDO-Sアシッドを
お客さまが、家庭でも使えるようにしたのが

DO-S アルカリオフなんです!

 

パーマ液の匂いがイヤって方以外にも、カラーされた方にも

試してみる価値はあると思います!

 

ではまたお願いします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です