値段の高いドライヤーは髪に良いのか!・・・2

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

昨日の続きです。

値段の高いドライヤーは髪に良いのか!・・・

 

高級なドライヤーは

どう思いますか?

 

毛髪に対する意識が高く

ドライヤーごときに

数万円を使ってもいいと思うなら

購入しても良いと思います♪

 

 

だって、電気屋でもドンキにでも行けば
今時、ドライヤーなんて安ければ
1000円程度から買えますもんね・・・

 

その程度のドライヤーで満足してる人も
それはそれで良いと思うけど

 

家電でも同じですが、やっぱ高級なモンは
カッコいいし、丈夫で良いって思う人は
買えばいいと思います。

 

そして

それほどの違いはあるのでしょうか?

 

このぐらいの価格帯のドライヤーになると

数千円レベルのドライヤーとは

クオリティーや耐久性も随分と違うと思います!

 

ただし、値段が高いからと言って
髪に良いのか?

 

そんな事は無く

 

ドライヤーで髪を傷めるのは

ドライヤーが悪いんじゃなく

 

使い方が悪いんです!

 

 

たとえば、ドライヤーの
熱によるダメージを考えると

髪が濡れてる時ほど熱には弱い!

これが髪をドライヤーで乾かす時の基本。。。

 

 

なのでタオルドライしたばかりで
髪が湿ってる時は、ドライヤーの温度が
高くないほうが良いので

これがやり易い

ドライヤーが良いドライヤーなのです・・・

 

どう言う意味?

ドライヤーに温度調整が

出来る機能があるとか

 

例えば
ダイソンは温度調整と風量調整あり

 

低価格のドライヤーには
ハイ・ローとかの風量調整ぐらいはあっても
温度調整機能がない場合が多いんです・・・

 

ただこういう場合だったら
ドライヤーを離して乾かしたり

自分の手にドライヤーから出る温風を当てながら乾かしたり

ドライヤーを振ったりして一箇所に
熱が加わらないように調整したり
するといいので

 

こういう乾かし方が

ちゃんと出来る人であれば

1000円のドライヤーでも

ダメージ少なく乾かせます♪

 

 

こんな感じで
弘法筆を択ばず!ではないですが・・・

ヘアダメージを出来るだけ少なく出来るように
ちゃんとドライヤーを使いこなせる人なら
シンプルなドライヤーでも良いけど

 

 

マイナスイオンにハイドロイオンだとか
バイオなんとかだとか ○○光線(笑)
なんかは、髪にとってどうでも良い事なんで・・・

 

温度調整や風量調整がついてるドライヤーのほうが
楽にダメージ軽減で乾かせるって思うなら
それなりのドライヤーを購入したら良いと思います。

 

お客さまが聞いてこられる場合などは、

やっぱりダメージなどを気にされて質問してこられる場合が多く

意識が高い方が多いので

そこそこ高級ドライヤーのが良いですよ〜ってお勧めします。

 

乾かす際のテクニック云々はめんどくさくて・・・って方は

温度調整と風量調整があるドライヤー

を選ぶのが良いと思います♪

 

あと温度調整がなければ、出来るだけ低温で
風量の多いドライヤーとかが、自分で乾かす時の
調整がしやすいのでオススメです。

 

参考になれば幸いです。

 

ではまたブログお願いいたします。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です