ヘナは優れたトリートメント2・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

ヘナは優れたトリートメント・・・ ここからの続き

 

ヘナが髪のダメージホールに詰まっていく!

ダメージホールを穴埋めすることで
髪密度が上がり、ハリコシが出るんですね。

 

また特徴として髪の表面についたヘナは
シャンプーで落ちていくんですが、

これがケミカル系のトリートメントとの大きな違いなんです!

 

通常の持続性のある(美容室で1ヶ月持つよ〜タイプ)
ケミカル系ヘアトリートメントはこんな感じ

 

 

人工のタンパク質などで、ダメージホールを穴埋めし
それが持続(日持ち)するように
表面をコーティング(皮膜)して
なかなか出ないようにしているんですね。

 

 

天然ヘナと
サロンなどで勧められるケミカル系ヘアトリートメントの大きな違いは

 

表面をコーティングするかしないか!

 

天然ヘナの場合は、表面コーティングしないでも
髪の内部に、絡みつくように定着するので
皮膜をしなくても日持ちするんですね〜

 

さらに天然ヘナの場合は
コーティングをしないので
重たくならない、乾きにくくならない
などの特徴が出てきますが。。。

 

ケミカル系トリートメントで

表面コーティングをすると

その時はツヤサラになりますが

 

いずれコーティングのせいで

髪がよりダメージする!

 

ケミカル系トリートメントで髪がダメージする!

コーティングで髪を傷める!

現在では美容業界の常識になりつつありますよ♪

 

逆に

天然ヘナのトリートメントは

表面コーティングなしでも日持ちする

ダメージホールを穴埋めする

数少ない優秀なトリートメントです♩

 

 

ただデメリットや注意点もあるので、しっかりご相談

説明を受けて試して下さいね。

いつでもお気軽にどうぞ。

 

明日は定休日です。

金曜日よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です