キューティクルを整えてあげれば・・・

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

 

先日TV観てたら

どんな傷んだ髪や癖毛も治り

髪がサラサラに!

そりゃコーティング剤付けて、アイロンしたらサラサラになりますから!

 

 

そして女性の髪の悩みの

第1位が髪がパサパサ

第2位が白髪

第3位以降は確か癖毛とか薄いとかだったと思います。

 

 

パサつきやダメージの場合、どうすれば綺麗に見えるのか!

髪は死滅細胞なので、いま現在は完全に治ることはありません。

 

 

結局のところはキューティクル整えて

綺麗に見せる

これに尽きるんですよね〜

 

まぁ一番はキューティクルを傷めない事が大事なのですが・・・

 

 

 

まずは髪の構造ってどうなっているのか!

 

 

 

1本の毛髪は、外側から中心に向かって3つの層からなり、

一番外側をキューティクル、中間部をコルテックス、

中心部をメデュラといいます。

 

そう

キューティクル(毛小皮:毛表皮)は

毛髪の表面にある ウロコ状のモノ!

 

 

 

キューティクルの一番の働きは、外部の刺激から毛髪内部を守り、

コルテックスのタンパク質や水分が失われないようにする事!

 

 

根元から毛先に向かってウロコ状(紋理)に重なり合い、

1枚の細胞は非常に薄く、通常6~10枚が密着して層をなしている。

 

 

硬くて太い髪とかなら10層ぐらいあったりします。

キューティクルがウロコ状に重なり合ってるんで
髪は自由に曲がることが出来るんです♪

 

 

そしてキューティクルの役割をざっと説明すると

 

キューティクルは3層で出来ていて

 

エピキューティクル

エキソキューティクル

エンドキューティクル

 

エキソキューティクルってのがA層とB層があって
その下にエンドキューティクルってのがあり

エピキューティクルっていうのが
細胞膜のように キューティクル全体を覆っている。

 

ちょっと難しいくなりましたね・・・

 

言いたかったのは

エキソキューティクル = ほぼ水を吸わない

エンドキューティクル = 水を吸い込む

 

一枚のキューティクルで考えると

上(外側)のほうは、水分をあまり吸収しない

下(内側)の部分は、水分を吸ってしまう

そして内側のエンドキューティクルは

水を吸い込むと膨らんでしまうって事なんですね!

 

 

すると・・・

 

キューティクルは リフトアップする!

 

エンドキューティクルが水を含んで、膨らむことで
キューティクルは、リフトアップし開いた状態になり
髪の内部に、水分や薬剤などを通していくのです。

 

キューティクルが弁のような働きをして

髪の水分調整もしてるわけなんです♪

 

 

続きます・・・

 

 

日曜日と月曜日が連休になります。

火曜日も宜しければブログ見て下さいね〜

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です