ヘアカラーのアレルギー

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

 

ヘアカラーで『かぶれる!』

 

新聞やテレビでちょくちょく

そういった記事を目にするようになりました・・・

 

 

かぶれは、「刺激性接触皮膚炎」と「アレルギー性接触皮膚炎」に分類されます。

 

「刺激性接触皮膚炎」

 

刺激物質が皮膚に接触したときに、皮膚の細胞(表皮細胞など)が刺激されて生じる皮膚炎のこと。

炎症の程度は刺激の強さによります。

 

主にカラーに含まれるアルカリ剤(1剤)と過酸化水素(2剤)、もしくはその2つの反応(髪を明るくする作用)によって皮膚の細胞や抹消神経を刺激し、一時的に赤くなったりヒリヒリすることです。

 

多量に、そして長く触れるほど症状も重くなります。

皮膚の強さにもよりますが誰にでも起こりうる可能性があります。

カラーであればすぐにピリピリ感じたり、わりとすぐに症状がでるのも特徴です。

刺激を感じたらすぐ流してあげることで症状の悪化を防ぐことができます。

 

 

 

「アレルギー性接触皮膚炎」

 

アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)に対する過剰な免疫反応により生じる皮膚炎。

すべての人に症状がでるわけではなく、特定の成分に対してアレルギーになった人だけに特異的に生じる。

「刺激性接触皮膚炎」は原因となる物質に触れたあとすぐに症状がでますが

「アレルギー性接触皮膚炎」は原因物質(アレルゲン)の接触から炎症が現れるまでに時間がかかることが多いです。

典型的には、ヘアカラーの6時間後~半日後くらいよりかゆみを感じ

その後にかゆみ・赤み・腫れ・ブツブツなどの皮膚炎症状が出始め、染毛の48時間後に最も症状がひどくなります。

 

特徴としては原因物質に触れる量や時間に関わらず反応が出ること、触れた場所以外でも発生します。

 

 

 

小難しく書いていますのでスルーした方もここからは読んでください(笑)

 

先日、仕事中にヘアカラー剤が腕に付きました。

米粒程度の量なので

塗り終えるまでそのままに・・・

 

その後、拭き取ったのですが

翌日の夜にかゆみが・・・

 

こんなんになっていました。

 

僕はこう見えても肌が弱く手荒れに悩まされています。

 

幸い白髪がほとんどなく

今まで金髪にした以外ヘアカラーはしていませんでした。

 

小難しく書いた「アレルギー性接触皮膚炎」はカラー剤に含まれる

ジアミン染料にアレルギーを引き起こすため

金髪にする際のブリーチ剤にはこれらが入っていません。

 

 

 

現在の皮膚の状態

かぶれてから約1週間

 

 

 

ご心配な方は使用する薬剤のパッチテストも行っておりますし

(ヘアカラーにおきましては使用する方の義務になっております)

白髪がどうしても気になっているがアレルギーが・・・  などの場合は天然100%ヘナなどもありますので

ご相談ください。

 

 

ではまた明日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です