夏にオイルの使い方

ピカレスク 嫌われてもいい!!ブログ

 

月並みですが、梅雨も明け猛暑日が続いております。

 

 

ここ1ヶ月ぐらい、お客様の髪がバサバサ?ボサボサ?な方をちょくちょくお見かけします。

 

大体は癖毛の方に多く、湿気で髪がボサバサになったと言いながら

来店されております(笑)

湿度でクセも出やすく

汗もかくので、癖毛の方はあまり嬉しくない季節なのです。

 

 

確かに湿気でクセも出るのですが

髪をよく見ると、大抵の方は髪が乾燥してボサバサになっております。

 

湿度が高いのに乾燥?

そうなんです、乾燥です! なせがと言いますと、湿気や汗で髪が濡れる

クーラーなどで髪が乾く

この繰り返しで髪は乾燥してしまいます。

 

皆様も経験したことある例を挙げますと

手を水などで洗った後、タオルで水分を取らないで放っておくと

手がパリパリになった経験はありませんか?

 

 

そこでなんですが、髪を乾かす前に濡れた状態でオイルを毛先に揉みこむ!!

その後ドライヤーで乾かしてみてください。

髪も乾燥せず綺麗に一日持ちますよ。

 

オイルは水分を逃がさない機能があり、濡れた状態で付けてあげると

比較的髪の中に入ってくれます。

髪が乾いた状態ですと、表面にくっ付くだけですので

ベタベタして、夏場には不向きです。

 

 

お客様にどんなオイルがいいの?なんて質問を受けますが

オススメはこちら

 

DO-S オイル

とにかく薄々シャバシャバなオイルです。

 

基本的にはオイルなんて、どれでも髪に対する効果なんて一緒なんですが

原液オイルなどはシャンプーしても取れない・・・

特に椿オイルは・・・

それが蓄積されて髪は換気扇毛(笑)になってしまいます。

 

 

やむおえず家に眠っているオイルを付ける場合は、少量から試してみてくださいね。

 

必ず濡れている状態で付けるを忘れずに!!

 

 

ではまた明日。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です