ヘナの溶き方

嫌われてもいい!!ブログ

 

ヘナ ナチュラルをご自分でされている方に少し訂正があります。

 

 

ピカレスクでハナヘナを購入していただいたお客様には

ヘナを溶く際に、熱めのお湯で溶いて下さいと伝えておりましたが、

”ぬるま湯程度ヘナを溶かす”  に変えて下さい。

 

ヘナは自然の色素ですので、色素を適切に取り出すのには

水で溶くのが一番効果的。

粘りの元であるムチン質もお湯より水のほうが破壊されません。

 

ご自分でされる場合には、水で溶かすと

塗布した際にヒャッとしてしまうので、ぬるま湯程度で結構です。

 

ヘナ ナチュラルはぬるま湯で溶いた後は

30〜40分置いてから塗布する方が、色素であるナフトキノン滲み出てきますので

より効果的です。

 

これが一番適切な溶き方ですが、自分でされる場合には

効果的だからといって、水で溶かし寒いのを我慢しながらは、風邪引の原因ですからお止めくださいね(笑)

 

ではまた明日。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です