薄毛・・・5

嫌われてもいい!!ブログ

 

薄毛・・・4

↑↑↑

続きです。

 

 

薄毛、髪が薄くなる・・・

育毛剤、発毛剤を毎日フリフリしているが・・・

 

 

 

 

僕的な見解は

化粧品メーカーたちが謳う育毛論は

すこし誇大広告のような気がする(笑)

よく読めば、わかるが
大体が、何かしらの配合成分で

生きた細胞に外部から影響を与えるモノ

それらには、まったく効果が無いとは思わないが

体内環境のことを考えると・・・
それだけで育毛効果があるとは考えにくい。。。

①毛根や体内環境(生きた細胞)の育毛は

外部からの育毛剤やマッサージなどの

外部刺激と体内環境の両方を

バランスよく考えるべきだと思う。

たとえばね

化粧品メーカーとかじゃなく
製薬会社や医師などの世界の育毛だとね・・・

ここ数年?ミノキシジルやフィナステリド
という成分が効果が高いと注目されてる

ちなみに

ミノキシジルは、血管拡張剤

フィナステリドは、ホルモン抑制剤

どちらも、体内環境に影響しているものなんです!!

生きた細胞に外から影響を与える育毛剤より

やはり内部の環境改善のほうが効果があるのかも知れないですよ♩

一般的に、化粧品で売られている育毛剤レベルだと
毛根などの、生きた細胞の、血行を良くしたり
新陳代謝を活発にする作用はあると思うのですが・・・

体内環境の改善はあまり期待できないので
そこそこ効果がある人もいれば
あまり変化のない人もいるんじゃないのかな・・・

生活習慣もしっかりと改善したほうがいいと思います。

 

 

20代で髪が薄くなっていく人なんかは、遺伝・・・

男性ホルモンと、”ある物質” が合わさり毛根に悪さをします。

 

男性陣は30後半〜薄くなる方などは、

生活習慣病に近いものがあるように思います。

 

面白い話をすると

 

ハゲる原因の ”ある物質” をおさえる薬が開発され、

薄毛に悩む男性陣がこぞって病院に駆け込みました。

 

DNA検査まですると、遺伝性の薄毛は全体の20%程度だったらしく、

残りは80%は、何?ってなりますよね?

 

某リー◯21の発毛実感は約80%強らしく、遺伝性の20%と合わせると

100%

 

薄毛の80%は生活習慣、間違った頭皮ケア、などなどを見直せば・・・

 

 

まだまだ書き足りませんが、この辺で終わりにします。

 

ではまた明日。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です