界面活性剤の続き・・・

嫌われてもいい!!ブログ

 

シャンプーや洗剤だけで無く

トリートメントやリンス

化粧品から食品にまで

幅広く使用されてる

界面活性剤!!

 

昨日の続きです。→ → 界面活性剤

 

今日はシャンプーで汚れが落ちる原理を説明します。

 

界面活性剤というのは

水と油を混ぜるもの!

 

これは理解できましたか?? そんなに見てないか・・(悲)

 

 

では、どのようにして

シャンプーで頭皮や髪の汚れを落とすのか?

 

実際はエライ複雑になり

僕もいろいろ見聞きしてますが、

????ですが・・・

ざっと言いますと

湿潤作用 浸透作用

乳化・分散作用 再付着防止作用

泡だちによるメリット、デメリットなど

 

僕も含め

さほど奥深くまでは、知る必要もないですし・・・

 

 

では基本的な事を書きます。

 

 

 

 

まずはこれが界面活性剤です。

yjimage-29

 

で、 頭皮や髪に

ベットリ汚れがついてます。

22583452-jpg

 

そして、シャンプーする前に濡らして

水分と一緒に、界面活性剤の

親油基の部分が 汚れにくっついていく

003

もっと簡単に言いますと

界面活性剤の油にくっつくとこが

汚れにくっつき

水にくっつくとこが水をくっついて

汚れを 頭皮や髪から

 

引っぺがしてくれています。

 

界面活性剤たちが

汚れにくっつきまくって

頭皮や髪から、引っぺがして

水中に浮遊しているような

イメージです。

 

 

そして実は髪や

頭皮にも界面活性剤は

沢山くっついています

これで汚れがもう一度

髪についたりする事が

防げるって理屈なんです。

 

ただ界面活性剤は

残留すると、あまり良くないのです・・・

 

ここでシャンプーの事で

いつも口を酸っぱくして言ってる

 

シャンプーは すすぎが命!

 

そう ここで

よ〜くすすぐ事により

汚れは、キレイさっぱり流れ落ちる

 

そうこのようにして

 

シャンプーに含まれる

界面活性剤という成分が

頭皮や髪の毛の汚れを

落とすのです!

 

あ〜〜 なんか疲れた・・・

本当はもっともっと、誤解などなどあるのですが

続きがあるかはわかりません。。。。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です