界面活性剤

嫌われてもいい!!ブログ

先日のブログで

食器用洗剤の実証CMでもあるように

洗剤の役割というのは『つけるだけ』で油分を分解し落としてくれます。

それが界面活性剤の役割です。

とっ書きましたが!!

分かり易い記事を見つけましたので

更に分かり易く書き直ししますね(笑)

 

シャンプー解析サイトや

シャンプー鑑定サイトなど

これらを読んでいると

必ず登場するのが

界面活性剤という成分・・・

 

やれ、この界面活性剤は

石油合成で刺激があるとか・・・

アミノ酸系の

界面活性剤だからマイルドだとか・・・

 

 

消毒用の界面活性剤を

点滴に混入させて・・・

殺人事件までありましたね。

 

界面活性剤=悪いモノ

そんなイメージだけが

先行しているようですが

界面活性剤がなければ

シャンプーどころか

洗顔だって、身体だって洗えないし

クリームだって、乳液だって使えない

まさに生活すらできない!!

とっても重要なものなんです!!

 

ちゃんとした知識もなく

なんかよくわからないけど

肌とか、髪に悪そ〜・・

実はそれは大きな間違いです!!

 

ちょっと今日は

界面活性剤って何???

を書いていきたいと思います。

 

界面活性剤は、界面
(物質の境の面)に作用して、
性質を変化させる物質の総称です。

構造としては、1つの分子の中に、
水になじみやすい「親水性」と、
油になじみやすい「親油性」の
2つの部分を持っています。

この構造が、本来、
水と油のように混じり合わないものを、
混ぜ合わせるのに役に立ち、
汚れを落とす洗浄の働きをするのです。

 

はい 終わり♩

 

なんて訳ないでしょう(笑)

 

それでは、分かり易く説明していくと

 

おっと!!今日は時間切れです・・・

明日に続くかどうかは

👍 いいね!下さい(笑)

ではまた明日。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です